計量標準総合センター : National Metrology Insutitute of Japan (NMIJ)

時間周波数科
赤松さん
材料物性科
阿部さん
電磁波計測科
岸川さん
量子放射科
清水さん
温度湿度科
山口さん
音響振動科
野里さん
力学計測科
飯泉さん


PROFILE
清水 森人さん
Morihito SHIMIZU
計測標準研究部門 量子放射科 
放射線標準研究室
入所年 2011 年

「目に見えないもの」を測るということ

研究内容

「放射線がん治療における装置から出る放射線の量の標準開発」

 「私の関わる医療分野では、体温や体重、血圧などをはじめとして様々な計測が行われる。 計測標準の仕事のどれか一つが欠けただけで、私達が受けることのできる医療は成り立たなくなる。 “健康で文化的な最低限度の生活を送る”という基本的人権を守るためにも、計測標準の仕事は欠かせない。 そもそも、mやkgという基本単位を作ろうとした人たちは、民衆の基本的人権を守ることを一つの目的として、 最初の仕事を行ったとされている。数百年以上前からこの目的は変わることなく計測標準の分野で 脈々と受け継がれているのではないだろうか。」

 計測標準の魅力を力強く語ってくれた清水さんは現在、放射線治療で患者さんにあてる放射線の量を 計測するのに使われる電離箱線量計を校正する際の基準となる水吸収線量標準の開発を行っている。

 放射線治療では、がん腫瘍に照射する放射線の量に±5%ばらつきがあると、がんの再発率に±15%の差が生じると報告されている。  そのため、放射線治療の分野ではこのばらつきをできる限り減らすために、様々な努力が行われている。

 清水さんが専門とする線量計測の分野では、計測の不確かさを±2%以下に抑えることを目標としていて、 これが実現するとがんの再発率のばらつきを小さくすることができ、確実な放射線治療ができるようになる。
 現在、線量計測の不確かさのうち、多くの部分は電離箱線量計の校正方法の問題から生じるとされている。
これを解決するために、より不確かさを小さく抑えることができる標準の開発を研究しているのだという。

 放射線治療は手術をする必要が無いので、患者さんへの負担が少なく、日帰り治療なども可能という優れた特徴がある。
しかし、がん腫瘍に放射線をあてすぎると健康な組織まで破壊してしまうというリスクもある。

 新しい標準はこのリスクを軽減することにも大きく貢献しており、標準供給の立場から放射線治療の治療効率を改善することで、 誰もが安心して治療を受けることができ、豊かな生活を続けられるようにすることに貢献できるのがこの研究の最大の魅力だと 清水さん。

今後は標準をもっと発展させていきたい。放射線治療技術は日々発展し、短期間の間に数種類の放射線治療が 開発されることもある。

 そのため、新しい放射線治療に対応した標準の開発は医療現場からのニーズも高く、終わりなき挑戦に強い使命感を 日々、実感している。

 「この研究の対象は、目に見えないもの。是非、測るということの重要性を感じて意識を持っている人に来てほしい。」

 命に関わる研究を進める中、一日一日の地道な努力を大切にしている清水さんだからこその思いである。

 世界中の研究者と連携して「標準」を作り上げることの面白さドイツでの生活が、研究以上に大きな財産を与えてくれた ほんの小さなアイデアが、大きな世界をリードする

産総研採用案内 産総研採用案内