計量標準総合センター : National Metrology Institute of Japan (NMIJ)

第十四回 NMIJ国際計量標準シンポジウム


第十四回 NMIJ国際計量標準シンポジウム
新時代を迎える計量基本単位 −アンペアの定義改定と将来展望−

2018年から2019年に予定されている国際単位系(SI)の定義改定において、質量、電流、熱力学温度および物質量の4つのSI基本単位の定義が、極めて普遍性の高い物理定数に基づく定義に変更されようとしています。本講演会では、特に電流の単位・アンペアに関して、改定のねらいとそれがもたらす将来像について有識者から講演をいただきます。



開 催 概 要 

日時:2018年4月25日(水) 13:30-16:35(受け付け開始13:00)

場所:日本電気計器検定所 本社(東京都港区芝浦4丁目15−7) 4F第1会議室(入館方法は下記に記載)

主催:産業技術総合研究所(計量標準総合センター)
申込方法:定員制(30名)・完全事前申し込み制 お申し込みはこちらから

リンクボタンを押すと、自動でメールソフトが起動します。 例にしたがって登録をお願いします。

(例)
 件名 : 国際計量標準シンポジウム講演会申込
【 NMIJ 国際計量標準シンポジウム2018講演会申込 】
 会社・機関名 :産業技術総合研究所
 会社・機関名[フリガナ] :サンギョウギジュツケンキュウジョ
 部署 : 営業部
 お名前 : 産総 太郎
 お名前[フリガナ] : サンソウ タロウ
 電子メール : △△△△@△△△.jpなど
 E-mailにて、各種NMIJによる開催イベントのご案内を送付させて頂いても宜しいでしょうか? : はい・いいえ
 ご案内の分野を選択して下さい : 物理分野・化学分野・法定計量分野

  ※メールソフトが起動しない場合は下記のメールアドレスまで送付下さい。
 nmij-info-ml@aist.go.jp

参加費:無料

当日の入館方法:日本電気計器検定所 本社正面玄関からご入館いただきエレベーターで4階までお越し下さい。
        (入り口での入館手続きは不要で、4階で受付を行ないます。)

日本電気検定所 本社へのアクセス方法:日本電気計器検定所ホームページ
        (http://www.jemic.go.jp/kihon/m_honsha.html)にてご確認ください。

問い合わせ先:産総研 計量標準総合センター 計量標準普及センター 計量標準調査室
       電話: 029-861-4118、 E-mail: nmij-info-ml@aist.go.jp


【 プログラム 】

時間 講演タイトル・概要 講演者 所属 役職
13:30-13:35 開会挨拶 臼田 孝 産総研 計量標準総合センター 総合センター長
13:35-14:05 講演1:【招待講演】
アンペアの定義改定について(仮題)
(講演は英語で行われます)
Gert Rietveld メートル条約電気・磁気諮問委員会議長、
オランダVSLチーフメトロロジスト
14:05-14:35 講演2:【招待講演】
日本ファインケムにおける高抵抗器開発と評価
釣 一博 株式会社日本ファインケム 平塚事業所
製品開発課 部長代理
14:35-15:00 休憩
15:00-15:30 講演3:
ナノ構造と単一電子制御技術を用いた量子計測技術の開発
中村 秀司 産総研 計量標準総合センター
物理計測標準研究部門 量子電気標準研究グループ 主任研究員
15:30-16:00 講演4:
交直差測定技術を用いた熱電材料のゼーベック係数の評価法の開発
天谷 康孝 産総研 計量標準総合センター
物理計測標準研究部門 応用電気標準研究グループ 主任研究員
16:00-16:30 講演5:【招待講演】
スマートメータ通信へのJEMICの取組み
秋山 秋生 日本電気計器検定所
事業開発室 グループマネージャー
16:30-16:35 閉会の挨拶 藤間 一郎 産総研 計量標準総合センター
物理計測標準研究部門 研究部門長