計量標準総合センター : National Metrology Institute of Japan (NMIJ)

計測標準フォーラム第16回講演会


計測標準フォーラム第16回講演会

新時代を迎える計量基本単位 - ケルビンの定義改定と将来展望 -


 2018年から2019年に予定されている国際単位系(SI)の定義改定において、質量、電流、物質量および熱力学温度の4つのSI基本単位の定義が、極めて普遍性の高い物理定数に基づく定義に変更されようとしています。
 本講演会では国際度量衡局 測温諮問委員会(CCT) 議長 Duan Yuning博士をお招きして、このSI定義改定に関わる最新情報、特に温度の単位・ケルビンに関して、改定の狙いとそれがもたらす将来像について、ご講演を頂きます。また国内からも温度計測に関わる講師をお招きしてSI定義改定に対する期待についてご講演を頂く予定です。どうぞふるってご参加下さい。


主 催 計測標準フォーラム
(一社) 日本計量機器工業連合会
国立研究開発法人 産業技術総合研究所 計量標準総合センター
日 時
場 所
平成30年9月27日(木)13:00-16:00 (受付開始 12:20)
東京ビッグサイト会議棟 605・606会議室 (INTERMEASURE2018の会場に隣接)
定員:150名
事前申し込み締め切り:2018年9月18日
※当日参加も可能ですが資料の準備の都合もありますので、できる限り事前にお申し込みください。
申込方法

参加費:無料
例にしたがって申込をお願いします。

(例)
 宛先:jmf-2018-ml@aist.go.jp

 件名 : 計測標準フォーラム第16回講演会 申込

-----------------------------本文--------------------------------↓

【 計測標準フォーラム第16回講演会 申込 】
 お名前 : 産総 太郎
 お名前[フリガナ] : サンソウ タロウ
 会社名 : 産業技術総合研究所
 電子メール : △△△△@△△△.jpなど
 E-mailにて、各種NMIJによる開催イベントのご案内を送付させて頂いても宜しいでしょうか? : はい・いいえ
 ご案内の分野を選択して下さい : 物理分野・化学分野・法定計量分野

-----------------------------ここまで----------------------------↑

※本登録には登録メールが届きますがメールが遅れて届く場合がございます。
お申し込み後3〜4日以内にメールが届かない場合ご連絡ください。

問合先 計量標準総合センター 計量標準普及センター 計量標準調査室
TEL: 029-861-4118  E-mail: jmf-2018-ml@aist.go.jp

【 プログラム 】

時間 講演タイトル・概要 講演者 所属 役職
13:00-13:05 開会の挨拶 四角目 和広 (一財)化学物質評価研究機構 理事 
(計測標準フォーラム代表)
13:05-13:15 来賓挨拶 調整中 調整中
13:15-13:25 【イントロダクション】
「本講演会の背景」

これまでシンポジウムでは質量および物質量、電流の3単位、および改定に係る体制や今後の予定を紹介した。 これまでのシンポジウムを振り返り、また本講演会でとりあげる熱力学温度改定に係る概要を紹介する。
臼田 孝 産業技術総合研究所 計量標準総合センター
総合センター長(CIPM 委員)
13:25-14:10 【基調講演】
「The Redefinition of Kelvin」

The talk will give a brief introduction on the progress of the redefinition of Kelvin, MeP-K and the primary methods to measure thermodynamic temperature. Corresponding to the new version of CC's objectives, the focuses of CCT will be mentioned as well.
Duan Yuning 中国計量科学研究院(NIM)副院長
(CCT議長、CIPM委員)
14:10-14:40 【講演】
「より高精度な熱力学温度測定に向けて」

ボルツマン定数の値の高精度決定のため、さらには金属-炭素共晶による高温定点の温度値決定のため、  近年、熱力学温度を測定する各種一次温度計の開発・精度向上が進んでいる。NMIJにおける一次温度計 の開発の現状を紹介する。
山田 善郎 産業技術総合研究所 計量標準総合センター
物理計測標準研究部門 首席研究員
14:40-14:50 休憩
14:50-15:20 【招待講演】
「鉄鋼業における温度計測 放射温度計は生産現場でどのように使われるか」

鉄鋼製造は熱プロセスであり、温度を正確に知ることは生産と品質管理の両面で重要である。 測定対象は溶けた鉄から常温付近の鋼材までと幅広い。 放射率変動、外乱放射、悪環境などの様々な課題に対して、それらを解決する放射測温法を紹介する。
杉浦 雅人 新日鐵住金株式会社, プロセス研究所
計測・制御研究部 主幹研究員
15:20-15:50 【招待講演】
「産業に貢献する新しい温度センサ・測定技術とその応用」

近年、温度測定のニーズは特に安心、安全、環境・省エネ等やIoTでのセンシング技術の広がりと伴って増えている。 チノーでの新しい分野や市場における温度センサや測定技術および校正技術の取り組みについてご紹介する。
清水 孝雄 株式会社チノー 取締役常務執行役員 久喜事業所長
15:50-16:00 閉会の挨拶 小畠 時彦 産業技術総合研究所 計量標準総合センター
計量標準普及センター センター長
16:00 閉会

 


[ページの上に戻る]