計量標準総合センター : National Metrology Insutitute of Japan (NMIJ)

国家計量標準(物理標準、標準物質)の整備に関するユーザーニーズ調査

平成29年 7月 3日
国立研究開発法人 産業技術総合研究所 計量標準総合センター


  産業技術総合研究所 計量標準総合センターでは、国家計量標準(物理標準、標準物質)に関するユーザーニーズ調査を行っており、平成27年度から重要かつ緊急性の高いニーズに対して早期に把握し対応するため、通年で調査票を受付けております。

  つきましては、重要かつ緊急性が高く、国として整備すべき計量標準ニーズが生じた場合は、下記窓口へ調査票を送付していただきますようお願い致します(下記、調査票をダウンロードして必要事項を記載の上ご送付ください。)なお、調査票を作成いただく際に「調査票記載の際に確認いただく参考情報」を事前にご確認下さるようお願い致します。また、以前ご提出頂いたご要望が現在の計画に反映されていない場合で、再度、検討を要する高いニーズがある場合には、あらためてご要望をお寄せ下さるようお願い申し上げます。

なお、調査票の受付は通年で行いますが、平成29年7月21日到着分までを平成29年度の整備計画に反映させる検討材料とさせていただく予定です。 予めご了承ください。


       計量標準ニーズ調査窓口メールアドレス:cal-request-ml@aist.go.jp

          (調査票をお送りの際は”@”を半角文字にしてください)

excel [調査票様式(エクセルファイル)]/[調査票記入例] (物理標準)

excel [調査票様式(エクセルファイル)]/[調査票記入例] (標準物質)


国家計量標準は、測定・試験に使われる計測機器や標準物質の信頼性担保の為に使用され、産業活動における品質管理や公平な通商の為、必要不可欠なものです。国家計量標準を今後も着実に整備していくにあたり、是非皆様のご意見をお寄せ下さるようお願い申し上げます。


※1 いただいた調査票は、経済産業省の担当部署(知的基盤整備推進室及び計量行政室)と共有させていただきます。
※2 調査票の記載内容につきましては、後日、個人情報及び整備を必要とする理由等(物理標準の調査票についてはJ~P列、標準物質の調査票のN~T列)を伏せて公表いたします。
※3 個人情報の取り扱いについて:ご記入いただいた個人情報につきましては、本調査の目的以外で使用することはございません。

(ご参考)
これまでの経緯として、平成24年度に実施された第1回計量標準ユーザーニーズ調査の結果に基づき平成25年度から10年間にわたる我が国の計量標準に係る知的基盤整備計画(以下、「整備計画」という。)が策定されています。更に、年度毎に計量標準ユーザーニーズ調査を実施し、その結果に基づき整備計画に改訂が加えられています。


【調査票記載の際に確認していただく参考情報】

 表 既に整備されている又は整備予定が計画されている計量標準のリスト(以下のリンク先にて詳細をご確認ください)

  計量標準の種類 供給形態毎の計量標準の項目又は種類に関する情報
既に整備されている計量標準 物理標準 jcssリスト[165KB]
依頼試験リスト[354KB]
標準物質 jcssリストoutlink
NMIJ CRMリスト[238KB]
依頼試験リスト
現在整備が計画されている計量標準
(知的基盤整備特別小委員会(第8回)配布資料)
物理標準 計量標準整備計画【物理標準】[381KB]
標準物質 計量標準整備計画【標準物質】[250KB]
過去のニーズ調査において整備を要望された標準の検討結果
(知的基盤整備特別小委員会(第7回)配布資料)
物理標準 計量標準(物理標準)の整備計画策定に関するニーズ調査結果[173KB]
標準物質 計量標準(標準物質)の整備計画策定に関するニーズ調査結果[279KB]

【その他参考情報】

 計量標準ポータルサイトoutlink 【経済産業省】:計量標準に関する各種情報を掲載しています。


       電話でのお問い合わせ先:

         国立研究開発法人 産業技術総合研究所 計量標準総合センター 計量標準普及センター 計量標準調査室
         電話:029-861-4120