計量標準総合センター : National Metrology Institute of Japan (NMIJ)

法定計量

計量法は、「計量の基準を定め、適正な計量器の実施を確保し、もって経済の発展及び文化の向上に寄与することを目的」としおり、適正な計量の確保のために取引及び証明に供する特定計量器に対しては検定制度が義務づけられています。
計量標準総合センターでは、これらの検定制度の確保のために基準器検査、型式承認試験等を実施しています。

〜〜 お知らせ 〜〜



〔平成22年7月21日〕 


  ● 型式承認試験        料金表(PDF 139 KB) 〔平成22年6月1日改訂〕 
  ● 基準器検査        料金表(PDF 97 KB)  〔平成22年6月1日改訂〕 
  ● 検定/比較検査      料金表(PDF 8 KB)


  ※ 型式の更新及び失効についてはこちら
 ●検定検査証印類及び都道府県用数字印の取り扱い(都道府県・特定市)
・ 証印類取り扱い要領要領 (PDF 98KB)〔平成27年4月1日改正〕 
・ 証印類申請様式word 申請書 (MS-Word)〔平成27年4月1日改正〕 
・ 検定検査用証印類現在数報告excel 様式第7(MS-Excel)〔平成27年4月1日改正〕

 ●
証印等について問い合わせ及び送付先 こちら