NMIJ国際計量室

産業技術総合研究所
計量標準総合センター
国際計量室
〒305-8563
つくば市梅園1-1-1、中央第3-9
TEL 029-861-4149
FAX 029-861-4202
mail

アジア太平洋法定計量フォーラム

 

アジア太平洋法定計量フォーラム(APLMF)は、1994年11月に設立されました。
国際法定計量機関(OIML)と密接に連携する国際地域機関として、法定計量機関同士の情報伝達と相互作用を促進し、アジア太平洋地域における法定計量の調和を追求しています。

2010年3月現在、APEC地域から次の26カ国・経済圏が加盟しています(準加盟国を含む)。
オーストラリア、ブルネイ、カンボジア、カナダ、チリ、中国、コロンビア、香港、インドネシア、日本、韓国、北朝鮮、ラオス、マレーシア、メキシコ、モンゴル、ニュージーランド、パプアニューギニア、ペルー、フィリピン、ロシア、シンガポール、台湾、タイ、アメリカ、ベトナム。

現在の議長と事務局は、中国の国家質量監督検疫総局(AQSIQ)が担当しています。

2002年1月に日本はオーストラリアから議長と事務局の責任を引き継ぎ、2007年10月までその役割を全うしました。

参考資料: APLMF 法定計量研修からみた海外計量事情 (2008年 計測標準と計量管理 6.8MB)

問い合わせ先: 松本毅(ty-matsumoto@aist.go.jp
   電話: 029-861-4149
   FAX: 029-861-4202
   APLMFホームページ: http://www.aplmf.org/