NMIJ国際計量室

産業技術総合研究所
計量標準総合センター
国際計量室
〒305-8563
つくば市梅園1-1-1、中央第3-9
TEL 029-861-4149
FAX 029-861-4202
mail

国際計量研究連絡委員会

開催案内

平成29年度第1回国際計量研究連絡委員会が下記の日程で開催されます。


日 時 : 平成29年9月4日(月) 14:00 ~16:00

場 所 : 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 東京本部 (経済産業省 別館10階 大会議室)

議 事 :

(1) 国際度量衡委員会(CIPM)報告
     国立研究開発法人 産業技術総合研究所 計量標準総合センター センター長
     (国際度量衡委員会 委員) 臼田 孝

(2) 国際単位系(SI)定義改定国内プロモーション委員会報告
     国立研究開発法人 産業技術総合研究所 計量標準総合センター 物質計測標準研究部門
     副研究部門長 竹歳 尚之

(3) 藻類の大量培養と化学変換による下痢性貝毒と麻痺性貝毒の製造
     国立研究開発法人 水産研究・教育機構 中央水産研究所
     水産物応用開発研究センター センター長 鈴木 敏之

(4) 分科会活動からのトピックス – 物質量諮問委員会(CCQM)
     国立研究開発法人 産業技術総合研究所 計量標準総合センター 研究戦略部長
     (国計連 物質量標準分会長) 藤本 俊幸

(5) 分科会活動報告、他(計量関連国際会議の動向等)
     国際計量研究連絡委員会事務局

 



委員専用コーナー ※委員会資料の閲覧はこちらからお願いします。 
(閲覧にはIDとパスワードが必要です。)


国際計量研究連絡委員会とは

1.はじめに

国際計量研究連絡委員会(略称、国計連)は、昭和52年以来毎年開催され、計量標準、標準物質及び法定計量に関する我が国全体の意向が国際取り決め等において反映するような活動を行っています。平成13年4月1日から独立行政法人産業技術総合研究所理事長の諮問委員会として位置付けられ、委員会メンバーが大幅に見直されました。委員会の委員は、計量標準又は法定計量に関係する行政機関の職員、独立行政法人の職員、学識経験者、業界関係者等で構成されています。組織の概略は図に示されている通りです。

2.委員会の活動

具体的には、以下の活動を行っています。                 
  1. 計量標準、標準物質及び法定計量に関係する政府機関、独立行政法人、産業界、学界及びその他関係団体等との間の連携を促進する。
  2. 計量標準、標準物質及び法定計量に関する内外の動向を調査する。
  3. 独立行政法人又は関係機関等が行う計量標準、標準物質及び法定計量に係る諸活動に対する国内の意見を把握し、調整する。
  4. 前項の調整に基づき、計量標準、標準物質及び法定計量に係る施策について、それを実施する機関に提言する。
  5. 国際計量標準の研究、技術及び政策等に関する情報交換を通じて、我が国の計量標準を向上させ、発展させる。
  6. 計量標準、標準物質及び法定計量に密接に関わる試験所認定及び文書標準等を担当する国内の機関と情報を交換しながら、国際活動において、相互に連携するよう調整に努める


メートル条約及び国際法定計量機関を設立する
条約に基づく国際組織と国内対応委員会 【画像を拡大

image