クラブ長 工学計測標準研究部門 力トルク標準研究グループ長 大串 浩司

 

NMIJ力・トルク計測クラブ第6回全体会合

 時下 ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
国立研究開発法人産業技術総合研究所 計量標準総合センター(NMIJ/AIST)では、標記会合を下記のとおり開催いたします。ご出席くださいますようご案内申し上げます。

<記>

日 時:       平成28年11月30日(水) 14:00〜16:20 (13:45開場)

場 所:       東京八重洲ホール 4階 701大会議室
103-0027 東京都中央区日本橋3-4-13
TEL
03-3201-3631

次 第:(敬称略)

   14:00〜14:10

開会挨拶
(国研)産業技術総合研究所 工学計測標準研究部門 副部門長 小畠 時彦

   14:10〜14:40

<招待講演> JAXA複合荷重式自動天秤較正装置について
(国研)宇宙航空研究開発機構 (JAXA) 航空技術部門 空力技術研究ユニット 香西 政孝

   14:40〜15:00

<クラブ員講演> 日産クリエイティブサービス校正事業について
(株)日産クリエイティブサービス 環境・エンジニアリング事業本部 計測技術部
計測技術グループ 広川 和仁

   15:10〜15:20

( 休 憩 )

   15:20〜15:30

力計校正事業の自己組立化について
(国研)産業技術総合研究所 工学計測標準研究部門 力トルク標準研究グループ 林 敏行

   15:30〜15:40

球座による大容量力計校正の不確かさ低減
(国研)産業技術総合研究所 工学計測標準研究部門 力トルク標準研究グループ 前島 弘

   15:40〜15:50

電磁力による微小トルク標準について
(国研)産業技術総合研究所 工学計測標準研究部門 力トルク標準研究グループ 西野 敦洋

   15:50〜16:00

トルクツールテスタ作業部会の活動報告
(国研)産業技術総合研究所 工学計測標準研究部門 力トルク標準研究グループ 大串 浩司

   16:00〜16:20

意見交換
司会: NMIJ力・トルク計測クラブ長 大串 浩司



*17:00より会場を別にして、下記のように技術懇談会を開催予定です。
   日 時:17:00〜19:00
   場 所:ビジョン東京 ラウンジスペース
              東京駅 八重洲地下街4番出口:徒歩1分
   会 費:4000円(当日計測クラブ全体会合での受付時にお支払い願います)



*会場準備の都合上、全体会合・技術懇談会のご出欠それぞれについて11月16日(水)までに下記のNMIJ力・トルク計測クラブ事務局まで電子メールにてお知らせ下さい。
   secretariat-force-torque-club-ml@aist.go.jp


 

第五回NMIJ力・トルク計測クラブ会合

時下 ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
国立研究開発法人 産業技術総合研究所 計量標準総合センター(NMIJ/AIST)では、標記会合を下記のとおり開催いたします。ご出席くださるようご案内申し上げます。

<記>

日 時:       平成271120() 14:0016:00 13:45開場)

場 所:       東京八重洲ホール 3階 301大会議室
103-0027 東京都中央区日本橋3-4-13
TEL
03-3201-3631

次 第:

   14:0014:10

開会挨拶
産業技術総合研究所 工学計測標準研究部門 副部門長 小畠 時彦

   14:1014:30

小容量参照用トルクレンチの依頼試験開始について
産業技術総合研究所 工学計測標準研究部門 力トルク標準研究グループ 西野 敦洋

   14:3015:00

トルクメータ校正装置のご紹介
株式会社小野測器 品質保証ブロック 小高 進

   15:0015:20

力標準、トルク標準等の見学

   15:4516:00

( 休 憩 )

   15:2015:40

ひずみ校正器による指示装置の個体差の検証
産業技術総合研究所 工学計測標準研究部門 力トルク標準研究グループ 林 敏行

   15:4015:50

トルクツールテスタ作業部会の活動報告
産業技術総合研究所 工学計測標準研究部門 力トルク標準研究グループ長 大串 浩司

   15:5016:00

意見交換
司会: NMIJ力・トルク計測クラブ長 大串 浩司



*会場準備の都合上、ご出欠について1030()までに下記のNMIJ力・トルク計測 クラブ事務局まで電子メールにてお知らせ下さい。
   secretariat-force-torque-club-ml@aist.go.jp


第四回NMIJ力・トルク計測クラブ会合

時下 ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

()産業技術総合研究所 計量標準総合センター(NMIJ/AIST)では、標記会合を下記のとおり開催いたします。ご出席くださるようご案内申し上げます。

<記>

 

日 時: 

平成261219() 13:3016:10 13:15開場)

場 所: 

メルパルク東京 3階 薔薇の間

105-8582 東京都港区芝公園2-5-20

TEL 03-3433-7211   http://www.mielparque.jp/tokyo/access/

次 第:

 

   13:3013:40

開会挨拶

()産業技術総合研究所 計測標準研究部門 首席研究員/力学計測科長 藤井 賢一

   13:4014:00

小容量トルクメータ・参照用トルクレンチのNMIJ依頼試験の紹介

()産業技術総合研究所 計測標準研究部門 質量力標準研究室 西野 敦洋

   14:0014:20

ひずみ校正器・指示装置のJCSS校正の紹介

日本電気計器検定所 標準部 校正サービスグループ 富永 琢麿

   14:2014:40

力計の校正方法に関するJIS B 7728:2013規格の改正の概要

()産業技術総合研究所 計測標準研究部門 質量力標準研究室 林 敏行

   14:4015:00

( 休 憩 )

   15:0015:30

トルクメータの動特性の二次評価方法の提案

()産業技術総合研究所 計測標準研究部門 質量力標準研究室 大串 浩司

   15:3015:50

参照用トルクレンチによる校正とおもりとバーによる校正との比較に関する作業部会設置の提案

()産業技術総合研究所 計測標準研究部門 質量力標準研究室 大串 浩司

   15:5016:10

意見交換
司会: NMIJ力・トルク計測クラブ長 上田 和永

 


*会場準備の都合上、ご出欠について1125()までにまでに下記のNMIJ力・トルク計測 クラブ事務局まで電子メールにてお知らせ下さい。
   secretariat-force-torque-club-ml@aist.go.jp

 


第三回NMIJ力・トルク計測クラブ会合

NMIJ力・トルク計測クラブ員各位:

NMIJ力・トルク計測クラブでは、米国標準技術研究所(NIST)Dr.Jon Pratが来所される機会に、下記の講演会を企画しました。

Dr.Jon Prattは、原子間力顕微鏡(AFM)のカンチレバーに電気的な方法でナノ ニュートン程度の微小な力を加え精密に測定する技術を開発したパイオイアであ り、現在はNISTの基礎電気計測グループのグループリーダーとワットバランスの プロジェクトリーダーを務めておられます。

皆様お誘い合わせの上、是非ご参加ください。

■日 時:平成25522() 13:3016:40 (講演会場の開場は13:00から)

■場 所:()産業技術総合研究所 つくば中央第三事業所 第2・第3会議室 (中央3-16階)

■次 第:

 13:3013:40 開会、Dr.Jon Prattの紹介

 13:4014:40 Dr.Jon PrattThe watt balance project at NIST

  ワットバランスは、将来キログラムの定義が改正された後に、新しい定義を実現する方法の有力な候補の一つであると目されていて、NISTを含め各国の標準研究機関で開発が進められています。

 14:4015:40 藤井賢一力学計測科長:産総研におけるアボガドロ国際プロジェクト

  アボガドロ定数を精密に決定するためのX線結晶密度法は、キログラムの新しい定義を実現する方法のもう一つの有力な候補でもあり、当所を含む数カ国の研究機関で国際共同研究が進められています。

 14:4016:00 (休憩)

 16:0016:40 Dr.Jon PrattRealization, measurement and dissemination

  of SI traceable small force ナノニュートン程度の微小な力の標準を、電気的な方法で、SIトレーサブルな形で実現し、測定し、供給する技術の開発がNISTで進められています。

 16:40     閉会

■参加申込み:

  会場準備の都合上、参加を希望される方は、お手数でも◆5/8()までに◆NMIJ力・トルク計測クラブ事務局

  secretariat-force-torque-club-ml@aist.go.jp

 宛に電子メールにてお申込み下さい。(事前の申込みをいただいていない場合、

 席を用意できないこともございますので、ご了承ください。)

 −−−−−−−−−−−−−−<参加申込み票>−−−−−−−−−−−−

 NMIJ力・トルク計測クラブ事務局あて

  平成25522日のNMIJ力・トルク計測クラブ 講演会に参加を希望します。

  お名前:

  ご所属:

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


 

第二回NMIJ力・トルク計測クラブ会合

時下 ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
(
)産業技術総合研究所 計量標準総合センター(NMIJ/AIST)では、標記会合を下記のとおり開催
いたします。ご出席くださるようご案内申し上げます。
併せて、添付しましたアンケート調査にもご協力くださるようお願い申し上げます。

<記>

日 時: 

平成22519() 14:0016:30

場 所: 

()産業技術総合研究所 つくば中央第三事業所 3-16階第二、第三会議室
茨城県つくば市梅園1-1-1 産総研中央第三
Tel. 029-861-4153(
質量力標準研究室)
http://www.nmij.jp/info/access/
http://www.aist.go.jp/aist_j/guidemap/tsukuba/center/tsukuba_map_c.html

次 第:

   14:0014:05

開会挨拶
(
)産業技術総合研究所 計測標準研究部門 力学計測科長 大岩 彰

   14:0514:20

力計測のトレーサビリティの概況
(
)産業技術総合研究所 計測標準研究部門 質量力標準研究室長 上田 和永

   14:2014:35

トルク計測のトレーサビリティの概況
(
)産業技術総合研究所 計測標準研究部門 質量力標準研究室 大串 浩司

   14:3515:45

力標準、トルク標準等の見学

   15:4516:00

休 憩

   16:0016:30

力・トルク計測クラブの運営、力・トルク計測における技術的課題などについての意見交換
司会: NMIJ力・トルク計測クラブ長 上田 和永



*ご出欠を512()までに電子メールで下記までお知らせ下さい。
また同日までに、アンケートにもご回答いただければ幸甚です。
   f-t_club_sec@m.aist.go.jp


 

第一回NMIJ力・トルク計測クラブ会合

 

<記>

日 時: 

平成21123() 13:3016:30

場 所: 

東京八重洲ホール 201()会議室
東京都中央区日本橋3丁目413号 新第一ビル
TEL
03-3201-3631  http://www.yaesuhall.co.jp/map.htm

次 第:

   13:3013:40

開会挨拶
(
)産業技術総合研究所 計測標準研究部門 力学計測科長 大岩 彰

   13:4013:55

NMIJ計測クラブについて
(
)産業技術総合研究所 計測標準研究部門 計測クラブ事務局 永井 聰

   13:5514:20

NMIJの国際対応
(
)産業技術総合研究所 計量標準管理センター 国際計量室 石橋 雅裕

   14:2014:40

力の国家計量標準と力計測のトレーサビリティの現状

   14:4015:00

休 憩

   15:0015:30

トルクの国家計量標準とトルク計測のトレーサビリティの現状
(
)産業技術総合研究所 計測標準研究部門 質量力標準研究室 大串 浩司

   15:3015:50

計測器の管理と校正
(
)産業技術総合研究所 計測標準研究部門 力学計測科長 大岩 彰

   15:5016:30

力・トルク計測クラブの運営についての意見交換
司会: NMIJ力・トルク計測クラブ長 上田 和永

 


NMIJ 力・トルク計測クラブのご案内

 

拝啓 平素は力計測・トルク計測のトレーサビリティ体系の維持・拡充にひとかたならぬ御協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

(
)産業技術総合研究所 計量標準総合センター(NMIJ/AIST)では、2005年に計測クラブを設立いたしました。計量標準や標準物質を提供するNMIJ、これらの標準を用いて計測分析機器の校正や試験を実施する校正・試験事業者、計測分析機器を用いて製品の試験検査審査を行う認証事業者、製品を製造する製造事業者がそれぞれの業務の信頼性を受け渡すことが、国際的に通用する計測・試験・認証事業を展開してゆく上で不可欠であると考えられます。NMIJ計測クラブは、これらの事業に関係する方々すべてがそれぞれのサービス展開に必要とされる技術情報を交換する場として、量別・分野別に設けられ活動しております。

各クラブでは、講演会・講習会・見学会・各種の調査等を通して、NMIJからは計量標準の整備状況やトレーサビリティ施策に関する技術情報を提供させていただくとともに、計測機器のユーザの皆様や校正事業者の皆様からは計量標準に対するニーズや計測に関する技術課題を提起していただき、課題の解決に向け共に考えることによって、効率的で精密なトレーサビリティ体系を構築し、我が国の産業の競争力向上に寄与することを目指しております。

さてこのたび、力・トルク計測の分野につきましても、下記のとおり計測クラブを設立する運びとなりました。力・トルクの計測に関心をお持ちの皆様方におかれましては、力・トルク計測クラブにぜひご参加いただきご意見・ご助力を賜れればと存じます。また、力・トルクの計測機器の製造者および校正事業者におかれましては、各位の主要な顧客の方々にも当力・トルク計測クラブを紹介していただければ幸いに存じます。

今後ともご指導、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

<記>

会  費 :

無料

入会登録 :

NMIJ計測クラブのホームページ(http://www.nmij.jp/~nmijclub/)の「クラブ入会登録・お問い合わせ」のページよりご登録下さい。

初回会合 :

2008年度中に東京都内で開催することを計画しております。後日、ご案内させていただきます。

()産業技術総合研究所 計量標準総合センター
計測標準研究部門 力学計測科 質量力標準研究室
上田和永、大串浩司
Tel: 029 861 4153 Fax: 029 861 4399

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

・研究会
力およびトルクの計測技術に関して、会員とNMIJとの技術交流を目的とします。
・ニーズ調査
会員から関連量の標準の今後のニーズや日頃抱えている技術的課題などについて調査し、標準の開発や高精度化につなげて行きます。

 



NMIJ計測クラブホームページ

 


Copyright (c) 2003 National Metrology Institute of Japan. All right reserved.