クラブ長 分析計測標準研究部門 音響超音波標準研究グループ 主任研究員 吉岡正裕


2016年度 第12回 超音波音場計測クラブ会合

日時:2017年2月17日(金) 14時00分〜16時00分
場所:東京八重洲ホール 701会議室

プログラム(タイトルはいずれも仮題)
1.IEC 62127-1改定に向けた広帯域超音波瞬時音圧の精密計測技術の開発
        産総研 分析計測標準研究部門 音響超音波標準研究グループ 吉岡正裕
2.ハイドロホン感度校正の国際基幹比較(CCAUV. U-K4)について
        産総研 分析計測標準研究部門 音響超音波標準研究グループ 松田洋一
3.サーマルコンバータを用いた超音波振動子の放射コンダクタンス計測
        産総研 分析計測標準研究部門 音響超音波標準研究グループ 内田武吉



2015年度 第11回 超音波音場計測クラブ会合

(日本超音波医学会関東甲信越地方会第27回学術集会 基礎セッションと協賛)

日時:2015年11月15日(日) 09時00分〜11時00分
場所:ビックサイトTFTホール 第3会場(東京ファッションタウンビル東館9階 研修室)

プログラム
1.耐音響キャビテーション堅牢ハイドロホンの開発
        椎葉倫久 氏(桐蔭横浜大学)
2.カロリメトリ法を用いた超音波パワー標準の範囲拡張
        内田武吉(産総研 分析計測標準健空部門)
3.超音波音圧標準の高周波化 ―40 MHzを超えて―
         松田洋一(産総研 分析計測標準健空部門)
4.超音波安全性の標準化へのブレイクスルー:超音波安全性指標TI/MIの歩み
         内藤みわ 氏(日立アロカメディカル株式会社 第一メディカルシステム技術本部)
5.分割TMMを用いた熱画像測定方法の検討と標準化
         山崎 聡 氏(東芝メディカルシステムズ株式会社 超音波事業部 超音波開発部)



2014年度 第10回 超音波音場計測クラブ会合

日時:2/6(金) 14:00〜16:00,
場所:東京八重洲ホール 302会議室

プログラム
(1) 「相互校正法による100 kHz−1 MHz帯域用ハイドロホン感度標準の開発」(仮題)
        吉岡正裕(産総研 計測標準研究部門 音響超音波標準研究室)
(2) 「光干渉法によるハイドロホン感度校正法の高周波化(40 MHzへの拡張)」(仮題)
        松田洋一(産総研 計測標準研究部門 音響超音波標準研究室)
(3) 「カロリメトリ法による高出力領域の超音波パワー標準の開発」(仮題)
         内田武吉(産総研 計測標準研究部門 音響超音波標準研究室)



2013年度 第9回 超音波音場計測クラブ会合

日時:2014年3月18日(火) 14時00分〜16時00分
場所:東京八重洲ホール 301会議室

プログラム
1.音響放射力インパルスの生体への影響について
        新田 尚隆 氏(産総研 ヒューマンライフテクノロジー研究部門)
2.第2期知的基盤整備計画における超音波標準の開発
        吉岡 正裕(産総研 計測標準研究部門)



2012年度 第8回 超音波音場計測クラブ会合

日時:2013年3月22日(金) 13時30分〜
場所:産総研つくば中央 3-1棟 6階627会議室

プログラム
1.「試験所・校正機関の認定制度とその利活用(仮題)」
   産総研計量標準総合センター 計量標準保証室長 岸本 勇夫氏
2.「NMIJにおける超音波標準整備の現状と今後(仮題)
   音響振動科 音響超音波標準研究室メンバー
3.「見学 超音波標準関連の校正機器など
   (見学者数が多い場合は2班に分け、音響標準関連もご見学いただく予定です)



2010年度第1回超音波音場計測クラブ会合

日時:2010年5月18日(火) 14時〜16時
場所:東京八重洲ホール701大会議室
所在地
東京都中央区日本橋3 丁目4 番13 号 新第一ビル TEL:03-3201-3631
東京駅八重洲中央口より徒歩約3 分

プログラム
1.「超音波による骨質計測法の開発 −現状と課題−」(同志社大学 松川 真美先生)
2.産総研の第3期中期目標における超音波標準の研究開発について
3.その他(下記参照)
・超音波計測におけるラウンドロビンのご提案
・NMIJにおける最近の超音波研究成果
・NMIJの超音波パワー標準供給の変更について



2008年度第1回超音波音場計測クラブ会合

日時:2008年10月28日(火) 14時〜16時
場所:東京八重洲ホール(http://www.yaesuhall.co.jp/) 3階301(大会議室)
所在地
・東京都中央区日本橋3丁目4番13号 新第一ビル TEL:03-3201-3631
・地下鉄銀座線日本橋駅・京橋駅より徒歩約5分,東西線日本橋駅より徒歩約5分,
JR東京駅八重洲中央口より徒歩約3分

プログラム
1.強力水中超音波パワー計測技術開発 (産総研,菊池恒男)
2.水熱合成法による強力水中超音波音場計測用ハイドロホンの開発 (産総研,内田武吉)
3.日本の超音波医用分野における超音波の安全性について (神奈川大学 遠藤 信行教授)



2007年度第2回超音波音場計測クラブ会合

日時:2008年3月24日(月)13時30分〜16時
場所:アルカディア市ヶ谷私学会館 5階 赤城の間
http://www.arcadia-jp.org/

プログラム
1.東工大 上羽貞行教授講演 実践的工学研究方法試論 −超音波工学研究に 携わって40年−
2.第7回APMP/TCAUV報告(産総研:菊池)
3.IEC 61689について(産総研:吉岡)




超音波音場計測クラブ2007年度第1回会合

日時:2007年10月22日(月)午後2時〜4時(その後、研究室見学会)
場所:産総研つくば中央3-1棟 6階会議室
内容:ドイツPhysikalisch-Technische Bundesanstalt(PTB) Dr.Beissner氏
講演会演題:Development of ultrasonic metrology at PTB




音波音場計測クラブ第2回研究会

日時:2007年3月19日(月)14時〜17時
場所:アルカディア市ヶ谷(私学会館)5階赤城の間
http://www.arcadia-jp.org/

プログラム

1.開会
2.不確かさの基礎 応用統計研究室 田中秀幸氏
3.超音波計測に於ける不確かさ評価の考え方
 (1)ハイドロホン感度校正(レーザ干渉法)
 (2)ハイドロホン感度校正(比較校正)
 (3)超音波音場プロファイル(Planar scanning method)
 (4)超音波パワー校正(Radiation Force balance)
5.超音波計測におけるトピック
6.閉会



超音波音場計測クラブ第1回研究会

日時:2006年9月20日(水) 午後1時〜5時
場所:産業技術総合研究所 つくば中央3-1 627会議室 (見学はつくば中央2-2等)

プログラム(予定)担当者
1. 開会の挨拶佐藤
2. 自己紹介各位
3. NMIJクラブの概要佐藤
4. 超音波音場計測クラブ設立の目的と経緯菊池
5. NMIJで開始した超音波標準供給
  (1)ハイドロホン受波感度校正松田,吉岡
  (2)超音波振動子出力校菊池
6. NMIJで準備中の超音波音場プロファイル依頼試験について吉岡
7. 超音波音場計測の研究等菊池
  走査法によるハイドロホン校正の問題,等
--------------------------------
8. NMIJの超音波標準等の見学(中央2-2棟,他)各装置担当者
  ハイドロホン校正装置,超音波振動子出力校正装置,その他

(再度中央3-1棟会議室に移動)

9. 質疑,議論など
10. 今後の開催予定,その他連絡菊池
11. 閉会の挨拶佐藤




平成18年度活動計画

・ 昨年度開催した”超音波生体安全性検討クラブ“を本クラブに改称しました。年度内2回の開催を目標とします。
・ 開催時期は,1回目7-9月頃,2回目1-2月頃の予定です。開催場所は東京都内を原則としますが,メンバーの希望があればNMIJの校正装置の見学会を兼ねて,つくばでの開催も検討します。
・ 次回開催時のテーマについて,前回出席のメンバーからは, (1)天秤法測定に於ける問題点と解決法,(2)音場プロファイル計測法,(3)超音波計測に於ける不確かさ評価法,等に関する勉強会のリクエストが寄せられており,これらのテーマを中心にメンバーと相談の上調整します。




超音波生体安全性検討クラブ第1回会合

日時:2006年1月27日(金) 午後2時〜4時
場所:(独)産業技術総合研究所ベンチャー開発戦略研究センター(産総研丸の内オフィス)内大会議室

()内は目安の時間(分)
1. 開会の挨拶(5)佐藤
2. 自己紹介(5)各位
3. NMIJクラブの概要説明(10)永井
4. 自由討論を織り交ぜながら (90)
  ●超音波生体安全性検討クラブ設立の目的 (PDF 40kB) 菊池
  ●NMIJにおける超音波標準の現状松田,吉岡,菊池
  ●ISO/IEC 17025の認証について佐藤
  ●NMIJにおける今後の研究計画案菊池
  ●来年度以降の“超音波生体安全性検討クラブ”の活動方針案 (PDF 29kB) 菊池
  ●クラブの活動や要望について出席者
5. 閉会の挨拶(5)菊池

計:120分程度を予定


連絡先:
305-8563
独立行政法人 産業技術総合研究所
計測標準研究部門 音響振動科 音響超音波標準研究室
室長:菊池恒男

電話:029-861-5589
ファックス:029-861-2226
メールアドレス:tsuneo.kikuchi@aist.go.jp



NMIJ計測クラブホームページ

Copyright (c) 2003 National Metrology Institute of Japan. All right reserved.