クラブ長 工学計測標準研究部門 流体標準研究グループ長 藤田 佳孝




「第11回流体物性クラブ会合」開催のご案内


 拝啓、流体物性クラブ会員の皆様におかれましては益々ご健勝のことと存じます。
 下記のとおり「第11回流体物性クラブ」を開催しますのでご案内申し上げます。
つきましては、参加の可否を3月6(月)迄に藤田y-fujita@aist.go.jpまでお知らせ下さいますよう宜しくお願い申し上げます。

敬具

開催日時: 2017年3月17日(金)13:30〜
開催場所: 株式会社アントンパール・ジャパン セミナールーム
(〒103-0027東京都品川区北品川1-20-9 FORECAST 品川 3階 (旧 ダヴィンチ品川))
     マップはこちら
参加費: 無料(交流会は1500円程度を予定しています)
主催:  産総研 NMIJ計測クラブ
     流体物性クラブ
     NMIJ計測クラブ

*****プログラム*****

13:10 開場
13:30 開催の挨拶
13:35〜14:00
 「バイオディーゼル燃料認証標準物質の密度・粘度測定」
  狩野 祐也(産総研 工学計測標準研究部門 流体標準研究グループ)
14:00〜14:30
 「スタビンガー粘度計(密度・粘度同時測定による粘度計)」
  佐藤 浩平(株式会社アントンパール・ジャパン プロダクトマネージャー 粘度測定)
14:30〜15:30
 「高分子液体の粘弾性の時間温度換算則の精密化への要望」
  高橋 良彰(九州大学 先導物質化学研究所 物質機能評価室)
15:30〜15:35 休憩
15:35〜16:00
 「密度の精密計測技術を応用したヒートポンプ用作動流体の物性評価」
  粥川 洋平(産総研 工学計測標準研究部門 流体標準研究グループ)
16:00〜16:30
 「高温高圧下における密度測定技術」
  齋藤 匠(株式会社アントンパール・ジャパン プロダクトマネージャー 密度・比重・濃度計)
16:30〜16:40
 工学計測標準研究部門の紹介
  小畠 時彦(産総研 工学計測標準研究部門 副部門長)
16:45〜18:00
 交流会(同セミナールーム)

【流体物性クラブの活動内容】

 密度・粘度・屈折率等の流体物性にかかわる標準・計測技術の講演会や研究会,見学会,技術相談等を実施し,会員とNMIJとの技術交流の場を提供します。




「第10回流体物性クラブ」開催のご案内


 拝啓、流体物性クラブ会員の皆様におかれましては益々ご健勝のことと存じます。
 下記のとおり「第10回流体物性クラブ」を開催しますのでご案内申し上げます。
つきましては、参加の可否を2月29(月)迄に藤田y-fujita@aist.go.jpまでお知らせ下さいますよう宜しくお願い申し上げます。

敬具

開催日時: 2016年3月11日(金)13:30〜
開催場所: 東京八重洲ホール 8F 800会議室
(〒103-0027 東京都中央区日本橋3-4-13 新第一ビル)

参加費: 無料(交流会は1500円程度を予定しています)
主催:  産総研 NMIJ計測クラブ
     流体物性クラブ
     NMIJ計測クラブ

*****プログラム*****

13:15 開場
13:30 開催の挨拶
13:35〜14:20
 「粘度計校正用標準液(JIS Z8809)の安定性について」
  小野 明吉(日本グリース株式会社 標準室)
14:20〜15:20
 「EMS粘度計の紹介とその応用」
  尾林 正信(京都電子工業株式会社 品質保証部)
15:20〜15:30 休憩
15:30〜16:10
 「音波・電磁波の空洞共振を利用した気体物性計測」
  狩野 祐也(産総研 工学計測標準研究部門 流体標準研究グループ)
16:10〜16:20
 その他(当クラブ・グループから案内・報告,意見交換等)
16:30〜17:30 同会議室内にて交流会

【流体物性クラブの活動内容】

 密度・粘度・屈折率等の流体物性にかかわる標準・計測技術の講演会や研究会,見学会,技術相談等を実施し,会員とNMIJとの技術交流の場を提供します。




「第9回流体物性クラブ」開催のご案内


拝啓、流体物性クラブ会員の皆様におかれましては益々ご健勝のことと存じます。
下記のとおり「第9回流体物性クラブ」を開催しますのでご案内申し上げます。
つきましては、参加の可否を2月6(金)迄に藤田y-fujita@aist.go.jp(CCで吉野yoshino-ayumi@aist.go.jp)までお知らせ下さいますよう宜しくお願い申し上げます。

敬具

開催日時: 2015年3月13日(金)13:30〜
開催場所: 東京八重洲ホール 6F 611会議室
(〒103-0027 東京都中央区日本橋3-4-13 新第一ビル)
マップ:http://yaesuhall.co.jp/
参加費: 無料(交流会は1500円程度を予定しています)
主催: 産総研 NMIJ計測クラブ
流体物性クラブ:http://www.nmij.jp/~nmijclub/fluidp/fluidp.html
NMIJ計測クラブ:http://www.nmij.jp/~nmijclub/index.html

*****プログラム*****
13:15 開場
13:30 開催の挨拶
13:35〜14:10
「シリコン単結晶球体を基準とする密度トレーサビリティ体系の構築と同位体濃縮シリコン結晶による次世代質量標準の開発」
倉本 直樹(産総研 計測標準研究部門 材料物性科 流体標準研究室)
14:10〜15:00
「比重計の概論及び密度のJCSS校正」
横田 賢亮(株式会社 横田計器製作所)
15:00〜15:05 休憩
15:05〜15:55
「栄養塩測定用海水標準物質開発の歩みと今後の取組み」
光田 均(株式会社環境総合テクノス(KANSOテクノス)計測分析所)
15:55〜16:30
「海水密度標準のための液中秤量装置の開発」
粥川 洋平(産総研 計測標準研究部門 材料物性科 流体標準研究室)
16:40〜17:30 同会議室内にて交流会

【流体物性クラブの活動目標】
JCSSにおける密度、粘度、液体屈折率の校正事業とそれらの計測ニーズなどについての情報を交換する。
トレーサビリティの確保、校正事業を実施するための計測技術や高精度化、不確かさ解析などの技術的課題に加えて、
相互承認(MRA)を前提とした国際的な標準供給のありかたについて検討する。
また、関連産業やユーザーからの要望、ニーズなどを把握し、計測機器の信頼性確保とそのための技術情報の普及に貢献する。


第8回流体物性クラブ

流体標準研究室 実験室見学会のご案内

拝啓 皆様におかれましては益々ご健勝のことと拝察申し上げます。
今年度の流体物性クラブは、12月3日(火)産総研つくばセンターにて、
私ども流体標準研究室の実験室見学会を予定しております。

実験・校正設備の見学を通じて、密度、屈折率及び粘度の標準と
関連校正・計測技術に関する当研究室の取り組みについてご紹介いたします。
皆様のご参加をお待ち申し上げます.
                                               敬具

参加の場合はこちらまで、お知らせ下さいますよう宜しくお願いいたします.


■開催日時: 2013年12月3日(火)13:25

■開催場所: 産総研つくばセンター 計測標準研究部門(つくば中央第3)
         ※メイン会場:3-1棟6階627会議室
         交流会場:B食堂(ピクニック)

■参加費: 見学会は無料(交流会は1500円)

交流会は参加状況により1500円を予定

■見学内容:
見学予定の標準および関連計測技術・研究課題
・キログラム再定義のためのアボガドロ定数精密決定
・固体密度標準
・高感度密度差計測と薄膜密度計測
・液体密度標準
・作動流体等のPVT性質計測
・海水密度標準
・バイオ燃料、アルコールの密度計測
・音速等測定のための気体共鳴計測
・屈折率標準
・広帯域屈折率計測
・粘度一次標準のための絶対測定
・粘度標準
・非ニュートン粘度標準
・MEMS粘性センサー(プレゼンのみ。施設見学は無し)

■プログラム:

・13:10
     開場、受付開始

・13:25〜14:10
     開催挨拶及び研究室紹介(藤田)
     各見学先研究内容についてショートプレゼン(各担当者)

・14:20〜16:45
     3班に分かれて見学

・16:50〜18:00
     交流会

■主催: 産総研 NMIJ計測クラブ / 流体物性クラブ

 計測クラブ未登録の方については、こちらでご入会いただけますと幸いです。
 登録は無料で複数のクラブに登録可能です。
不明な点がございましたらNMIJ計測クラブ事務局までご連絡いただければ幸いです。




第7回流体物性クラブ

開催日時: 2012年3月15日(金)13:30〜16:45 研究会
16:45〜17:45 交流会
開催場所:東京八重洲ホール 6F 611会議室
(〒103-0027 東京都中央区日本橋3-4-13 新第一ビル)
マップ:http://yaesuhall.co.jp/
参加費: 無料(交流会は有料)
主催:  産総研 NMIJ計測クラブ
 流体物性クラブ:http://www.nmij.jp/~nmijclub/fluidp/fluidp.html
 NMIJ計測クラブ:http://www.nmij.jp/~nmijclub/index.html
               ―――プログラム―――
13:15 開場
13:30開催の挨拶
13:35〜14:15
粘度のJCSS校正事業者の認定取得について
橋爪 幹夫(日本グリース株式会社 横浜工場 標準室)
14:15〜14:55
回転粘度計とその応用例
千葉 衛(東機産業株式会社 技術部)
14:55〜15:35
応力制御型回転粘度計について
     新井 武彦(英弘精機株式会社 テクニカルセンター)
15:35〜15:50 休憩
15:50〜16:20
密度・密度差測定による薄膜の密度測定と材料評価
     早稲田 篤(産総研 計測標準研究部門 材料物性科 流体標準研究室 主任研究員)
16:20〜16:50
非ニュートン標準物質の開発について
菜嶋 健司(産総研 計測標準研究部門 材料物性科 流体標準研究室 主任研究員)
17:00〜17:45 同フロア内にて交流会




「第6回流体物性クラブ」



開催日時: 2012年3月8日(木)13:30〜17:00 研究会
開催場所: 秋葉原コンベンションホール5A-2会場
(〒101-0021 東京都千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル)
 マップ:http://www.akibahall.jp/data/access.html
参加費: 無料
主催:  産総研 NMIJ計測クラブ
 流体物性クラブ:http://www.nmij.jp/~nmijclub/fluidp/fluidp.html
 NMIJ計測クラブ:http://www.nmij.jp/~nmijclub/index.html

               ―――プログラム―――
13:15 開場
13:30 開催あいさつ(クラブ長新任の挨拶)
13:35〜14:05
    「密度・粘度標準供給の復旧状況」
        倉本 直樹(産総研計測標準研究部門物性統計科流体標準研究室主任研究員)
        藤田 佳孝(産総研計測標準研究部門物性統計科流体標準研究室室長)
14:05〜15:05
    JCSSの動向と今後の取り組みについて(PDF 113kB)
        石毛 浩美(独立行政法人製品評価技術基盤機構認定センター技術管理者)
15:05〜15:15 休憩
15:15〜16:15
    屈折率標準液について(PDF 310kB)
        尾林 正信(京都電子工業株式会社品質保証部 副部長)
16:15〜16:55
    光コムを用いた広帯域光学特性計測技術の開発(PDF 618MB)
        粥川 洋平(産総研計測標準研究部門物性統計科流体標準研究室研究員)
16:55〜17:00 今後の予定について



「第5回流体物性クラブ」



開催日時:2011年2月23日(水)13:30〜17:30
開催場所:秋葉原コンベンションホール、5A会場
(〒101-0021 東京都千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル)
 マップ:http://www.akibahall.jp/data/access.html
参加費: 無料
主催:  産総研 NMIJ計測クラブ
 流体物性クラブ:http://www.nmij.jp/~nmijclub/fluidp/fluidp.html
 NMIJ計測クラブ:http://www.nmij.jp/~nmijclub/index.html

              ―――プログラム―――
13:15 開場
13:30 開催あいさつ
13:40〜14:20
    円筒並進運動を用いた非ニュートン粘度計側技術の開発(PDF 453kB)
        山本 泰之(産総研 計測標準研究部門 物性統計科 流体標準研究室 研究員)
14:20〜15:20
    回転振動(捻れ)粘度計の測定原理と応用(PDF 2.388MB)
        小田切 努(株式会社セコニック 機器開発部 次長)
15:20〜15:40 休憩
15:40〜16:40
    音叉振動式粘度計の測定原理及び計測事例(PDF 359kB)
        出雲 真人(株式会社エー・アンド・デイ 第1設計開発本部 第5部 部長)
16:40〜17:20
    バイオ燃料の標準物質とその物性評価への取り組み(PDF 3.524MB)
        狩野 祐也(産総研 計測標準研究部門 物性統計科 流体標準研究室 研究員)
17:20〜17:30 今後の予定について
17:30 閉会



「第4回流体物性クラブ」



開催日時:2010年1月29日(金)13:10〜16:50
開催場所:泉ガーデンコンファレンスセンター、7階ROOM 2
(〒106-6007 東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー7階)
地下鉄南北線六本木一丁目駅 直結
 マップ:http://www.bellesalle.co.jp/izumig_cc/access.html
参加費: 無料
主催:  産総研 NMIJ計測クラブ
 流体物性クラブ:http://www.nmij.jp/~nmijclub/fluidp/fluidp.html
 NMIJ計測クラブ:http://www.nmij.jp/~nmijclub/index.html

                         ―――プログラム―――
13:10 開場
13:20 開催あいさつ
13:30〜14:00
    作動流体の熱物性評価について(PDF 458kB)
        粥川 洋平(産総研 計測標準研究部門 物性統計科 流体標準研究室)
14:00〜15:00
    自然冷媒を用いた産業用ヒートポンプシステムの開発事例(PDF 3.07MB)
        町田 明登(株式会社前川製作所 技術研究所)
15:00〜15:10 休憩
15:10〜16:10
    当社の品質保証の考え方と糖度計(ブリックス計)利用について(PDF 1.35MB)
        清水 綱秋(東京コカ・コーラボトリング株式会社 品質保証部)
16:10〜16:40
    回転粘度計の性能評価と標準物質について(PDF 2.82MB)
        菜嶋 健司(産総研 計測標準研究部門 物性統計科 流体標準研究室)
16:40〜16:50 今後の予定について
16:50 閉会



「第3回流体物性クラブ」

開催日時:20081212日(金)13:3016:50
開催場所:秋葉原コンベンションホール、5A-2会場
主催:  産総研 NMIJ計測クラブ
 NMIJ計測クラブ:http://www.nmij.jp/~nmijclub/index.html
 
 
―――プログラム―――
1330 開場
1345 開催あいさつ、事務的事項の確認
13501450
【特別講演】
 橋爪 幹夫(日本グリース株式会社 横浜工場 管理部 品質管理課)
14501500 休憩
15001540
 山本 泰之(産総研 計測標準研究部門 物性統計科 流体標準研究室)
15401640
【特別講演】
 井上 正清(株式会社アタゴ 企画部 マーケティング課)
16401650 今後の予定について
1650 閉会



「第2回流体物性クラブ」




開催日時:2007年7月20日(金)13:30〜16:30
開催場所:秋葉原コンベンションホール、5A-2会場
マップ:http://www.akibahall.jp/data/access.html
参加費:無料
主催:産総研 NMIJ計測クラブ

プログラム
13:15  開場
13:30  開催あいさつ
13:40  事務的事項の確認
  ・会員名簿の取扱い
  ・開催頻度
  ・分科会の設置について
13:50〜14:30  「液中ひょう量法による固体密度測定とその不確かさの解析」(PDF 676kB)
藤井 賢一(産総研 計測標準研究部門 物性統計科 流体標準研究室 室長)
14:30〜14:40  休憩
14:40〜15:40  【特別講演】
「サントリーにおける品質保証の考え方と密度計、屈折率計活用事例」」(PDF 932kB)
澤田 元充(サントリー株式会社 品質保証本部 安全性科学センター 課長)
15:40〜16:20  「浮ひょう校正技術」(PDF 508kB)
戸田 邦彦(産総研 計測標準研究部門 計量標準技術科校正試験技術室)
16:20〜16:30  今後について
16:30  閉会

【流体物性クラブの活動目標】
JCSSにおける密度、粘度、液体屈折率の校正事業とそれらの計測ニーズなどについての情報を交換する。トレーサビリティの確保、校正事業を実施するための計測技術や高精度化、不確かさ解析などの技術的課題に加えて、相互承認(MRA)を前提とした国際的な標準供給のありかたについて検討する。また、関連産業やユーザーからの要望、ニーズを把握し、計測機器産業の高度化とそのための技術情報の普及に貢献する。



アーカイブ

流体物性クラブ第1回研究会





NMIJ計測クラブホームページ


Copyright (c) 2003 National Metrology Institute of Japan. All right reserved.