クラブ長 物質計測標準研究部門 計量標準基盤研究グループ 田中 秀幸

第10回不確かさクラブ総会のお知らせ

第10回不確かさクラブ総会の開催が決定いたしましたので,お知らせいたします。



日時:2016年1月25日(月) 午前10時 〜 午後4時30分 受付開始:午前9時30分
場所:きゅりあん(品川区立総合区民会館)1階小ホール
JR京浜東北線 大井町駅 徒歩約1分
主催:産業技術総合研究所 計量標準総合センター 不確かさクラブ

プログラム

第1部
  1. 開会の挨拶
    田中秀幸(不確かさクラブ長・計量標準総合センター)

  2. 初心者脱出不確かさ評価セミナー
    田中秀幸(計量標準総合センター)
12:00-13:00 昼食休憩

第2部
  1. 開会の挨拶
    田中秀幸(不確かさクラブ長・計量標準総合センター)


  2. 講演 「GUM改定の現状について」
    榎原研正,城野克広(計量標準総合センター・不確かさクラブ)

  3. 「ISO Guide35改定の現状について」
    齋藤 剛(計量標準総合センター 計量標準基盤研究グループ長)

  4. 14:25-14:40 休憩

  5. 依頼講演 「ISO/IEC17025改定の現状について」
    植松慶生(日本適合性認定協会 認定センター 副センター長)

  6. 特別講演 「JCGMにおけるGUM及びVIMの改訂に向けてのTime Schedule」
    今井秀孝(製品評価技術基盤機構 客員調査員・産業技術総合研究所 客員研究員)

  7. 不確かさクラブからのご連絡

  8. 16:30 終了予定

第9回不確かさクラブ総会のお知らせ

第9回不確かさクラブ総会の開催が決定いたしましたので,お知らせいたします。



日時:2015年2月19日(木) 午前10時 〜 午後4時30分 受付開始:午前9時30分
場所:(株)発明会館 地下2階ホール
東京都港区虎ノ門2-9-14 地下鉄銀座線・「虎ノ門」駅から徒歩5分

また今回の総会では配付資料以外に,「不確かさ評価事例集2」を希望者に配布したいと思います。(先着順・60部限定)

不確かさクラブで開催する行事は,不確かさクラブ員のみが参加可能となっております。
もし,クラブ員以外の方が不確かさクラブ総会へ参加したい場合は,事前に不確かさクラブへの入会をお済ませ下さい。
不確かさクラブへの入会は,こちらから行えます。

不確かさクラブへの入会,総会への参加には一切費用はかかりません。
不確かさクラブ入会後,数日のうちに総会参加申し込みについてのメールを送付いたします。

皆様の多数のご参加をお待ちしております。


プログラム

第1部:不確かさセミナー
10:00-12:00 初心者向け不確かさセミナー
田中 秀幸(産業技術総合研究所 計測標準研究部門)

昨年度は不確かさクラブ総会を大阪で開催いたしましたが,午前中に初心者向け不確かさセミナーを行いました。
その後,是非東京でも初心者用のセミナーを行ってほしいとの希望がクラブ員の皆様から送られてきましたので,
本年度は東京でも同じく初心者用不確かさセミナーを開催することにいたしました。
本セミナーは不確かさ評価に関して全く知識がない方向けのものです。是非ご参加下さい。

第2部:不確かさクラブ総会
13:00-13:05 開会の挨拶
田中 秀幸(不確かさクラブ長)

13:05-13:50 特別講演
GUMの改訂原案の提示とVIM改訂の方向性―JCGM活動の最新情報―
今井 秀孝(産業技術総合研究所 客員研究員)
13:50-14:35 講演
GUMの改訂案の技術的背景と影響
榎原 研正(産業技術総合研究所 招聘研究員)

上記2件の講演は,現在JCGMにて行われているGUM・VIMの改訂作業についての現状報告です。
今井様はILAC代表としてJCGMに参画されています。
1件目の講演は,JCGMでの討論内容の概要の解説,
2件目の講演は,ようやく内容が明らかになりつつあるGUM改訂版の技術的背景と現行GUMとの違いなどを解説する予定です。

14:35-14:50 休憩

14:50-15:20 特集:認定機関不確かさ文書紹介
「JCG200-7 校正における測定の不確かさの評価」の改定と不確かさ関連文書の紹介
大高 広明 様(製品評価技術基盤機構 認定センター)

試験所認定制度を円滑に運営するために,不確かさの解説文書が各認定機関より発行されております。
その中で製品評価技術基盤機構から発行されていました,「校正方法と不確かさに関する表現:JCG200」は,
EA4/02 Expression of the Uncertainty of Measurement in Calibrationの翻訳が元になっておりましたが,
原文が改訂され,新しくEA4/02 Evaluation of the Uncertainty of Measurement in Calibrationとして発行されました。
よって,それに伴いJCG200も改訂され,新しく「校正における測定の不確かさの評価:JCG200」として発行されました。
その変更点とその他NITEが発行しています不確かさ解説文書について解説していただきます。

15:20-15:50 特集:認定機関不確かさ文書紹介
「JAB RL511 試験における測定の不確かさの評価及び表明に関する実践ガイドライン」紹介
田中 秀幸(産総研,日本適合性認定協会 機械・物理分科会主査)

現在,適合性認定協会 機械・物理分科会では試験における不確かさ評価を行う際に躓きやすい評価方法や,
間違いやすい評価方法に関して,実践的なガイド文書を作成しております。
またこの文書は不確かさ評価方法を解説している文書であるので,
校正の不確かさ評価を行っている方々にも十分に利用することができるものとなっております。
本文書について,分科会にて主査を務めております田中が解説いたします。

15:50-16:20 講演
今年度の不確かさクラブの活動について
城野 克広(産業技術総合研究所 計測標準研究部門)

本年度不確かさクラブは,第3次事例研究会と不確かさ教育法研究会を立ち上げ,運営を行ってまいりました。
その活動報告を城野から説明いたします。

16:20-16:30 不確かさクラブからのご案内
アンケート結果とその他不確かさに関する活動報告
不確かさクラブ事務局

皆様にご提出いただいたアンケート結果を基に皆様と意見交換をしたいと考えております。

16:30 閉会予定


第8回不確かさクラブ総会のお知らせ

第8回不確かさクラブ総会の開催が決定いたしましたので,お知らせいたします。



日時:2014 年1 月31 日(金)
   午前10 時 〜 午後4 時30 分
場所:エル大阪 南ホール
主催:産業技術総合研究所 NMIJ計測クラブ

第1 部:不確かさセミナー

10:00-12:00 初心者向け不確かさセミナー
田中 秀幸(産業技術総合研究所 計測標準研究部門)
12:00-13:00 昼食休憩

第2 部:不確かさクラブ総会
13:00-13:05 開会の挨拶
榎原 研正(不確かさクラブ長)
13:05-13:55 招待講演1
IECEE CB スキームの概要と家電安全試験における不確かさ評価
佐藤 政博 様((一財)電気安全環境研究所)
13:55-14:45 招待講演2
(株)村田製作所における,不確かさを考慮した製品のリスク管理について
鶴 輝久 様(株式会社村田製作所 生産本部 品質保証統括部 品質保証部)
14:45-15:00 休憩
15:00-16:00 特別講演
計量計測関連国際文書類の改訂の動き−SI・VIM・GUM−
今井 秀孝(産業技術総合研究所 計測標準研究部門 研究顧問)
16:00-16:30 不確かさクラブからのご案内
アンケート結果とその他不確かさに関する活動報告
(不確かさクラブ事務局)
16:30 閉会


また,現在不確かさクラブに所属していない方が出席したい場合には, こちら にて,不確かさクラブへの加入手続きをした上で,お申し込み下さい。
では皆様の申し込みをお待ちしております。

不確かさクラブ事例研究会のお知らせ

不確かさクラブ事例研究会の開催が決定いたしましたので,お知らせいたします。

日時:2013年2月25日(月)    10:00〜16:00
場所:品川区立総合市民会館(愛称:きゅりあん)


第6回不確かさクラブ総会のお知らせ

第6回不確かさクラブ総会の開催が決定いたしましたので,お知らせいたします。



日時:平成24年 2月27日(月)
   10:00〜16:00
場所:産総研つくば中央 共用講堂 一階講堂
主催:産業技術総合研究所 NMIJ計測クラブ

午前の部(10:00〜11:30)

1.不確かさ評価の理解に必要な統計学の基礎
---NMIJ 田中秀幸
午後の部(13:00〜16:15)
1.開会の挨拶
---NMIJ 榎原研正
2.不確かさクラブ事例研究会の活動報告
---NMIJ 城野克広
3.事例研究会中間報告「骨材のアルカリシリカ反応性試験(モルタルバー法)の 不確かさ評価」
---高知県生コンクリート工業組合 竹村 賢 様
4.事例研究会中間報告「蓄光式誘導標識の性能試験の不確かさ評価」
---日本塗料検査協会 清水 亮作 様
5.特別講演:「広がる不確かさ評価の役割−JCGMにおける最近の動き」
---NMIJ/NITE/JEMIC 今井秀孝
6.質疑応答
午後のみの参加も受け付けます。
参加希望者は,uncertainty-information-desk@m.aist.go.jp まで,(このメールのReply-To:に設定してあります) 文末のテンプレートを用いて申し込み下さい。
また,出来ましたらアンケートにもご協力下さい。

申し込み締切りは2月13日(月)です。
また,現在不確かさクラブに所属していない方が出席したい場合には, http://www.nmij.jp/~nmijclub/outline2.html にて,不確かさクラブへの加入手続きをした上で,お申し込み下さい。
では皆様の申し込みをお待ちしております。


第5回不確かさクラブ総会のお知らせ

第5回不確かさクラブ総会の開催が決定いたしましたので,お知らせいたします。



日時:2月17日(木)
   10:00〜13:00
場所:日本科学未来館7階
主催:産業技術総合研究所 NMIJ計測クラブ

プログラム
10:00開始

・計量計測標準分野でのトレーサビリティと測定不確かさ評価の最新動向
今井秀孝(NITE,NMIJ,JEMIC)・・・計測標準フォーラムとの合同公演
場所:みらいCANホール

休憩(会場移動:以下講演会場・・・イノベーションホール)

・試験所間比較による技能試験の概要と統計的方法
城野克広(NMIJ)

・不確かさクラブ事例研究会参加事例紹介
田中秀幸(NMIJ)

・招待講演:風洞試験の不確かさに関する活動について
(独)宇宙航空研究開発機構(JAXA) 永井伸治様

・標準不確かさと拡張不確かさ(95%包含区間について)
榎原研正(NMIJ)

・不確かさに関する自由討論

13:00頃終了予定

※詳細は不確かさWEBを参照してください。



第4回不確かさクラブ総会のお知らせ

第4回不確かさクラブ総会の開催が決定いたしましたので,お知らせいたします。
今回は第1部,第2部と分けまして,第1部では不確かさ評価の中でも特に内容が難しいがニーズが高い分散分析と回帰分析についての解説を行うことといたしました。
第1部,第2部は独立に申し込み下さい。皆様の申し込みをお待ちしております。

日時:2月8日(月)
   第1部 10:00〜13:30(途中に昼食休憩を挟む予定)
   第2部 14:00〜17:00
場所:産総研つくば中央 共用講堂 大会議室
http://www.aist.go.jp/aist_j/guidemap/tsukuba/tsukuba_map_main.html
参加費:無料

プログラム
第1部
分散分析を用いた不確かさ評価について NMIJ 城野克広
回帰分析を用いた不確かさ評価について NMIJ 田中秀幸
(第1部の途中で昼食休憩を挟む予定です)

第2部
開会の挨拶 NMIJ 榎原研正
JCGMにおけるGUM・VIMに関する最新動向 NMIJ/NITE/JEMIC 今井秀孝
JCSS不確かさガイドの発行について NITE 石毛浩美様
ISO TC69(統計的手法の適用)で作成された不確かさに関わる規格について NMIJ 小池昌義
今後の不確かさクラブについて NMIJ 田中秀幸
質疑応答

参加希望者は,uncertainty-information-desk@m.aist.go.jpまで,
文末のテンプレートを用いて申し込み下さい。申し込み締切りは1月31日(日)です。
また,出来ましたらアンケートにもご協力下さい。

また,現在不確かさクラブに所属していない方が出席したい場合には,
http://www.nmij.jp/~nmijculb/
にて,不確かさクラブへの加入手続きをした上で,お申し込み下さい.

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
回答テンプレート

参加希望者名:
参加希望者所属:
参加希望:第1部のみ・第2部のみ・第1部,2部両方
======================================
アンケート
以下の項目について、ご意見や疑問のある方は下記の空欄に自由にご記入お願いします。
1)不確かさ評価やデータ解析についての疑問点
【                           】
2)不確かさクラブの活動の中で期待すること
【                           】
3)不確かさに関わるその他の御意見、疑問など
【                           】
=======================================



第3回不確かさクラブ総会 事例研究発表会


日時:3月9日(月) AM10:00-PM5:00
場所:きゅりあん(JR京浜東北線大井町駅下車すぐ)7Fイベントホール

不確かさ事例研究発表会プログラム
  9:30 開場
10:00 開演
10:00-10:15:開会挨拶・不確かさ事例研究発表会について
  不確かさクラブ長 榎原研正
10:15-11:00:特別講演 GUM・VIMに関する最新動向−測定不確かさ評価の意義とその広範な応用
   NMIJ研究顧問/NITE顧問/JEMIC理事 今井 秀孝

11:00-12:00:事例発表
試験分野
 土の三軸圧縮試験における不確かさの評価−破壊試験における不確かさ評価の一事例
  協同組合関西地盤環境研究センター 澤 孝平,中山 義久,稲角 健
 「塗膜の日射反射率の求め方」における不確かさ評価
  財団法人 日本塗料検査協会 検査部 清水 亮作,櫻井 剛

12:00-13:00 昼休み

13:00-13:20:報告書解説
 分散分析の不確かさ評価への利用
  NMIJ 城野 克広
 最小二乗法を用いた場合の不確かさ評価
  NMIJ 田中 秀幸  

13:20-14:50:事例発表
機械計測分野
 振動式粘度計による任意液体への値付けにおける不確かさ評価
  株式会社 セコニック 機器事業部 第二開発部 小田切 努
不確かさの利用分野
 生産分野での計測リスクについて
  元 村田製作所 岡田 宏一郎
 半導体製造・テスト工程における不確かさ評価,および工程管理への活用
  日本テキサス・インスツルメンツ株式会社 美浦工場 品質保証グル−プ 青柳 聡
  日本テキサス・インスツルメンツ株式会社 美浦工場 試験装置技術部 上林 直樹

14:50-15:50:ポスターセッション
試験分野
 JIS K7191に準拠した,荷重たわみ温度試験条件の校正の不確かさ評価
  株式会社 東洋精機製作所 品質保証室 溝口 義浩
 光波距離計の現場試験法における不確かさ評価(測定量の加法性を利用した不確かさ評価)
  有限責任中間法人日本測量機器工業会 黒澤 豊
機械計測分野
 万能投影機の測定における不確かさ評価
  浜松工業技術支援センター 木野 浩成
電気分野
 白金抵抗温度計の比較校正における不確かさ評価
  株式会社岡崎製作所 温度計校正室 木村 和弘
 3電圧計法による2つの正弦波交流信号の位相角測定における不確かさ評価
  日本電気計器検定所 標準部 標準管理グループ 奥 雅司,千代田 隆司
 標準抵抗器の比較校正におけるモンテカルロ法を用いた不確かさ評価
  日本電気計器検定所 技術研究所 標準研究グループ 中村 毅洋

15:50-17:20:事例発表
電気分野
 DMMにおけるレンジ内すべての点に適用できる校正の不確かさ評価
  菊水電子工業株式会社品質保証部門品質保証課 山本 武
臨床化学分野
 赤血球数の基準測定操作法の不確かさ評価
  シスメックス株式会社学術本部 新改 悦郎,白上 篤,藤本 敬二
 臨床化学検査における不確かさ評価
  立正佼成会附属佼成病院 臨床検査科 設楽 政次,渡辺 裕子
  新小岩クリニック 勝野 浩

17:20-17:30:閉会挨拶




第2回 不確かさクラブ総会


日時 : 平成19年2月29日(金) 13:30〜17:00
場所 : (独)産業技術総合研究所 つくば中央 共用講堂 大会議室
(http://www.aist.go.jp/aist_j/guidemap/tsukuba/tsukuba_map_main.html)
主催 : 産業技術総合研究所 NMIJ計測クラブ

プログラム

13:30-13:35 開会のあいさつ
榎原研正 (産業技術総合研究所 不確かさクラブ長)
13:35-14:15 特別講演 「測定の不確かさ評価に関わる国際動向と関連文書の規格化」
    今井秀孝 (製品評価技術基盤機構顧問、産業技術総合研究所計測標準
                    研究部門研究顧問、日本電気計器検定所理事)
14:15-14:55 特別講演 「ISO/TC69が開発した不確かさ関連の規格」
    小池昌義 (産業技術総合研究所 計測標準研究部門 標準物質システム科 科長)
14:55-15:10 休憩
15:25-16:45 不確かさクラブ事例研究会中間報告
  15:25-15:50 土の三軸圧縮試験における不確かさの算出・評価方法
    澤 孝平 ((協)関西地盤環境研究センター)
  15:50-16:15 万能投影機の測定における不確かさの算出
    木野浩成 (浜松工業技術支援センター)
  16:15-16:45 その他の事例の概要と進捗状況
    田中秀幸 (産業技術総合研究所 計測標準研究部門
                    物性統計科 応用統計研究室)
16:45-17:00 その他

講演資料はこちらからダウンロードできます。


不確かさクラブ 第1回総会


日時 平成19年2月14日(水) 14:00〜17:00

場所 (独)産業技術総合研究所 つくば中央 共用講堂 中会議室
(http://www.aist.go.jp/aist_j/guidemap/tsukuba/center/tsukuba_map_c.html)

プログラム

14:00-14:05 開会のあいさつ
榎原研正(産業技術総合研究所 不確かさクラブ長)
14:05-14:15 計測クラブ紹介
永井 聡(NMIJ計測クラブ事務局)
14:15-14:45 特別講演 「測定の不確かさに関わるJCGM委員会*)の活動状況」 (PDF 513kB)
今井秀孝(製品評価技術基盤機構顧問、産業技術総合研究所顧問)
14:45-15:45 講演「GUM補足文書1(分布の伝播の計算のための数値的方法)について」 (PDF 220kB)
田中秀幸(産業技術総合研究所 計測標準研究部門物性統計科応用統計研究室)
15:45-16:00 休憩
16:00-16:20 不確かさ事例研究会について
16:20-17:00 全体討論
--------------------------------------------------------------------------------
17:30- 懇親会

*) JCGM (Joint Committee for Guides in Metrology)は、GUMの補足文書の作成や、GUM・VIM(国際計量基本用語集)の改訂を議論するために活動している国際委員会です。今井秀孝氏は、JCGM国際委員としても活躍されています。





NMIJ計測クラブホームページ
align="center"

Copyright (c) 2003 National Metrology Institute of Japan. All right reserved.