第26回放射線・放射能・中性子計測クラブ研究会
―放射線利用、放射線標準の動向―

日時:2017年11月14日 (火) 13:15 〜 15:00
会場:八重洲ホール201大会議室(東京駅八重洲中央口徒歩3分)
○ 参加申込・お問合せ先: 安達(rad-club-ml@aist.go.jp)
○ 参加申込期限: 準備の都合上、11月7日(火)までにお願いします。
○ 参加費: 無料、  ○ 受付開始: 12:45ごろ

13:15〜高エネルギーX線を用いた後方散乱X線イメージング装置の開発
産総研 分析計測標準研究部門 放射線イメージング計測研究グループ 豊川 弘之
14:00〜CCRI(I)でのICRU 90に関する対応
産総研 分析計測標準研究部門 放射線標準研究グループ 黒澤 忠弘
終了後、放射線比較校正研究会
プログラムは予告なく変更することがありますので、ご了承ください。
お申込いただいた個人情報につきましては、当クラブの事務連絡及びご案内送付以外の目的で使用することはございません。


放射性セシウムを含む玄米の認証標準物質を開発
(プレスリリース 2012.8.30)
がん治療に用いるイリジウム192密封小線源線量のトレーサビリティーを確立
(プレスリリース 2016.2.9)
医療用リニアックの高エネルギー光子線標準の開発
(プレスリリース 2013.9.12)
がん治療用のラジウム-223の放射能標準を供給開始
(プレスリリース 2016.8.1)

計量標準整備計画案(2013-2022年度)
(H25.7.9 新たな知的基盤整備計画及び具体な利用促進に関する検討会‐配布資料)


いままでに開催された研究会

2017年11月14日(火)
第26回研究会:放射線利用、放射線標準の動向(東京)
2017年5月23日(火)
第25回研究会:放射線規制の動向(つくば)
2016年11月22日(火)
第24回研究会:医療用ラジウム223(東京)
2016年5月26日(木)
第23回研究会:線量計の分離校正(つくば)
2015年11月27日(金)
第22回研究会:小線源治療(東京)
2015年6月11日(木)
第21回研究会(つくば)
2014年10月31日(金)
第20回研究会:滅菌・食品照射(つくば)
2014年9月3日(水)
AIST放射線計測セミナー(幕張メッセ)
2014年5月23日(金)
第19回研究会(震災関連、中性子)(東京)
2013年10月25日(金)
第18回研究会(3mm線量当量、リニアック標準)
2013年8月28日(水)
第17回研究会
「放射線・放射能計測技術セミナー(福島)」
2013年5月31日(金)
第16回放射線・放射能・中性子計測クラブ研究会
「放射線計測(震災関連)の信頼性」
2013年2月28日(木)
第15回放射線・放射能・中性子計測クラブ研究会(大阪シンポジウム、食品・震災・非破壊検査)
2012年11月16日(金)
第14回研究会(含む玄米の認証標準物質)
2012年9月6日(木)
「放射線・放射能計測とその信頼性確保のための取り組み」ワークショップ
2012年5月24日(木)
第13回研究会(検出限界、Ir-192)
2011年11月24日(木)
第12回研究会(震災関連、リニアック標準)
2010年11月10日(木)
第11回研究会(密封小線源)
2010年 5月26日(木)
第10回研究会(水吸収線量標準)
2010年 1月22日(金)
高線量γ線標準の勉強会
2009年11月11日(水)
第9回研究会(ICRU、定量の品質、欧州調査報告)
2009年 5月27日(水)
第8回研究会(ICRU、マンモグラフィ、微小電流計)
2008年11月26日(水)
第7回研究会(JCSSの現状、計測機器の管理)
2008年 4月23日(水)
第6回研究会(γ線、放射能、中性子標準)
2007年10月24日(水)
第5回研究会(適合性評価)
2007年 4月25日(水)
第4回研究会(遠隔校正、不確かさ)
2006年10月25日(水)
第3回研究会(中性子標準)
2006年10月19日(木)
第3回不確かさ勉強会
2006年 6月16日(金)
第1回不確かさ勉強会
2006年 4月26日(水)
第2回クラブ研究会(β線標準、I-125標準)
2005年10月18日(水)
第1回放射線・放射能・中性子計測クラブ研究会


クラブ長 計量標準総合センター  分析計測標準研究部門 放射線標準研究グループ長 黒澤 忠弘 (2017.11.15〜)
問合せ先:rad-club-ml***aist.go.jp (***を@に変えてお送り下さい)



NMIJ計測クラブホームページ


Copyright (c) 2003 National Metrology Institute of Japan. All right reserved.