クラブ長 物質計測標準研究部門 無機標準研究グループ長 三浦 勉



pHクラブ第11回会合のお知らせ



拝啓 皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、pHクラブ第11回会合を下記のように開催したいと思います。会員の皆様には、万障お繰り合わせの上、ご参加下さいますようお願い申し上げます。
現時点では、会員の方からの話題提供の時間を追加で取ることは可能ですので、どなたかボランティアを買って出て頂けないでしょうか。
なお、ご出席またはご欠席を日置昭治までe-mail等にて2月6日までにお知らせ頂ければ幸いです。
この期限は主に参加人数の概数確認のためであり、その後でも参加可能ですのでいつでもご連絡下さい。
敬具



日時:2015年3月6日(金)  13:30〜16:15(受付開始13:00)
場所:産総研つくばセンター つくば中央第3事業所 3−9棟 3階第6会議室(303号室)
〒305-8563 茨城県つくば市梅園1丁目1番地1
(http://www.aist.go.jp/aist_j/guidemap/tsukuba/tsukuba_map_main.html地図参照)
なお、つくば駅−産総研つくばセンター間には、来訪者・職員が利用対象の無料連絡便があります
(時刻表と乗車場所はhttp://www.aist.go.jp/aist_j/guidemap/tsukuba/tsukuba_c_express.htmlの関連pdfファイル参照)。
但し、マイクロバス1台であり乗車定員に限りがあります。状況により、乗車できない場合もありますので、ご了承下さい。

内容(下記の内容を予定しておりますが、一部変更になる場合があることをご了承下さい):
発表者(敬称略)
1.はじめに(pHクラブ事務局から)(5分)
2.CERIでの活動(仮題)(20分)                      CERI 四角目和広
3.最近の実用標準液の値付け結果の推移について(20分)    関東化学 伊勢原工場 川元修己
4.会員からの話題提供(募集中)(15分)
5.CCQM電気化学分析WG会議の報告(EAWG国際比較を含む)(15分)    NMIJ 朝海敏昭
  休憩15分                      
6.NMIJのpH標準と電気伝導率に関する現状(15分) NMIJ 朝海敏昭
7.APMP国際比較(ほう酸塩緩衝液とフタル酸塩緩衝液)の紹介(15分) NMIJ 日置昭治
8.海水のpHについて (15分)                  NMIJ Igor Maksimov
9.その他(自由討論を含む)(25分)
10.pHクラブ事務局からのご案内 (5分)

                           
pHクラブに関する連絡先:
日置昭治
〒305-8563 茨城県つくば市梅園1丁目1番地1
産業技術総合研究所 つくば中央第3事業所 3−9
計測標準研究部門 無機分析科
e-mail: aki-hioki@aist.go.jp、tel: 029-861-9341または029-861-6857



pHクラブ第10回会合のお知らせ



拝啓
皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、pHクラブ第10回会合を下記のように開催したいと思います。
会員の皆様には、万障お繰り合わせの上、ご参加下さいますようお願い申し上げます。
現時点では、会員の方からの話題提供の時間を取ることは可能ですので、どなたかボランティアを買って出て頂けないでしょうか。
なお、ご出席またはご欠席を日置昭治までe-mail等にて2月7日までにお知らせ頂ければ幸いです。
この期限は主に参加人数の概数確認のためであり、その後でも参加可能ですのでいつでもご連絡下さい。
今回は懇親会(18:00-20:00、TXつくば駅前(中華の予定)、会費4200円)を企画しましたので、ぜひご参加下さい。
参加希望の有無も合わせて2月7日までにお知らせ頂ければ幸いです。
敬具


日時:2014年3月14日(金)  13:30〜16:15(受付開始13:00)
場所:産総研つくばセンター つくば中央第3事業所 3−9棟 3階第6会議室(303号室)
〒305-8563 茨城県つくば市梅園1丁目1番地1
(http://www.aist.go.jp/aist_j/guidemap/tsukuba/tsukuba_map_main.html地図参照)
なお、つくば駅−産総研つくばセンター間には、来訪者・職員が利用対象の無料連絡便があります
(時刻表と乗車場所はhttp://www.aist.go.jp/aist_j/guidemap/tsukuba/tsukuba_c_express.htmlの関連pdfファイル参照)。
但し、マイクロバス1台であり乗車定員に限りがあります。状況により、乗車できない場合もありますので、ご了承下さい。

内容(下記の内容を予定しておりますが、一部変更になる場合があることをご了承下さい):
       発表者(敬称略)
1.はじめに(pHクラブ事務局から)(5分)
2.JCSSのpH標準液の技術指針の改訂(仮題)(20分)           NITE 三宅麻子
3.CERIでの活動(仮題)(20分)                      CERI 四角目和広
4.CCQM電気化学分析WG会議の報告(15分)               NMIJ 朝海敏昭
5.EAWG国際比較(電気伝導率)の紹介(15分)               NMIJ 鈴木俊宏
  休憩10分                      
6.NMIJのpH標準と電気伝導率に関する現状(15分) NMIJ 朝海敏昭
7.APMP国際比較(ほう酸塩緩衝液)の紹介(15分)           NMIJ 日置昭治
8.エタノールのpHについて (15分)               NMIJ Igor Maksimov
9.その他(自由討論を含む)(30分)
10.pHクラブ事務局からのご案内 (5分)
以上
○懇親会(18:00-20:00、TXつくば駅前(中華の予定)、会費4200円):事前予約の希望者のみ
                           
pHクラブに関する連絡先:
日置昭治
〒305-8563 茨城県つくば市梅園1丁目1番地1
産業技術総合研究所 つくば中央第3事業所 3−9
計測標準研究部門 無機分析科
e-mail: aki-hioki@aist.go.jp、tel: 029-861-9341または029-861-6857



pHクラブ第9回会合のお知らせ



拝啓

皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、pHクラブ第9回会合を下記のように開催したいと思います。
会員の皆様には、万障お繰り合わせの上、ご参加下さいますようお願い申し上げます。
現時点では、会員の方からの話題提供の枠を空けてありますので、どなたかボランティアを買って出て頂けないでしょうか。
なお、ご出席またはご欠席を日置昭治までe-mail等にて1月15日までにお知らせ頂ければ幸いです。
この期限は主に参加人数の概数確認のためであり、その後でも参加可能ですのでいつでもご連絡下さい。
敬具




日時:2013年3月1日(金)  13:30〜16:00(受付開始13:00)
場所:産総研つくばセンター
つくば中央第3事業所 3−9棟 3階第6会議室(303号室)
〒305-8563 茨城県つくば市梅園1丁目1番地1
なお、つくば駅−産総研つくばセンター間には、来訪者・職員が利用対象の無料連絡便があります。
但し、マイクロバス1台であり乗車定員に限りがあります。状況により、乗車できない場合もありますので、ご了承下さい。


内容(下記の内容を予定しておりますが、一部変更になる場合があることをご了承下さい):

発表者(敬称略)
1.はじめに(pHクラブ事務局から)(5分)
2.CCQM電気化学分析WG会議の報告(15分) NMIJ 朝海敏昭
3. NMIJ CRM(pH標準液)の現状 (5分) NMIJ 三浦 勉
4.特定二次pH標準液の不確かさ表記への移行について(仮題)(15分) CERI 四角目和広
5.海水中のpH測定に関する話題(20分) 環境管理技術研究部門 海洋環境評価研究G 鶴島修夫
6.ドイツPTB情報と電気伝導率標準の現状(20分) NMIJ 朝海敏昭

休憩10分

7.会員の方からの話題提供(15分)−ボランティア募集中
8.Ag/AgCl電極の安定性に関する研究紹介(15分) NMIJ Igor Maksimov
9.新規APMP国際比較(ほう酸塩緩衝液)の紹介(5分) NMIJ 日置昭治
10.その他(自由討論を含む)(20分)
11.pHクラブ事務局からのご案内 (5分)

以上

                      pHクラブに関する連絡先:
日置昭治
〒305-8563 茨城県つくば市梅園1丁目1番地1
産業技術総合研究所 つくば中央第3事業所 3−9
計測標準研究部門 無機分析科
e-mail: aki-hioki@aist.go.jp、tel: 029-861-9341または029-861-6857


pHクラブ第8回会合



拝啓

皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、pHクラブ第8回会合を下記のように開催したいと思います。会員の皆様には、万障お繰り合わせの上、
ご参加下さいますようお願い申し上げます。
pH全般に関する話題提供や問題提起等をしたいというご希望がありましたら遠慮なくお申し出下さい。
現在、15分程度の話題提供1件の時間枠を空けてあります。
なお、ご出席またはご欠席を日置昭治までe-mail等にて早めにお知らせ頂ければ幸いです。
敬具



日時:2012年3月2日(金)  13:30〜16:00(受付開始13:00)
場所:産総研つくばセンター つくば中央第3事業所 3−9棟 3階第6会議室(303号室)
   〒305-8563 茨城県つくば市梅園1丁目1番地1
   

なお、つくば駅−産総研つくばセンター間には、来訪者・職員が利用対象の無料連絡便があります。
但し、マイクロバス1台であり乗車定員に限りがあります。状況により、乗車できない場合もありますので、ご了承下さい。    

  
議事次第(内容は一部変更になる場合があることをご了承下さい)
                                                   発表者(敬称略)
1.はじめに(pHクラブ事務局から)(5分)
2.CCQM電気化学分析WG会議の報告(15分)                       NMIJ 朝海敏昭
3.NMIJ CRM(pH標準液)の現状 (10分)                            NMIJ 三浦 勉
4.エタノール品質のJIS規格について −エタノールのpH測定方法を中心に−(20分)
                                     産総研新燃料自動車技術研究センター 古谷博秀
5.PHL-90型pH計の改良型のその後(仮題) (20分)                      東亜ディーケーケー 伊東 哲
  休憩15分
6.NITEからの話題(仮題) (20分)                          三興コントロール 田村 純
7.標準物質協議会規格(pH標準液)について(仮題)(20分)            CERI 四角目和広
8.APMP国際比較(中性りん酸塩緩衝液)の最終報告 (5分)         NMIJ 日置昭治
9.その他(自由討論を含む)(20分)
10.pHクラブ事務局からのご案内 (5分)



pHクラブに関する連絡先:
日置昭治
〒305-8563 茨城県つくば市梅園1丁目1番地1
産業技術総合研究所 つくば中央第3事業所 3−9
計測標準研究部門 無機分析科
e-mail: aki-hioki@aist.go.jp
tel: 029-861-9341(産総研構内PHS)または029-861-6881(固定電話)
fax: 029-861-6890


pHクラブ第7回会合



拝啓

皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、pHクラブ第7回会合を下記のように開催したいと思います。会員の皆様には、万障お繰り合わせの上、
ご参加下さいますようお願い申し上げます。
pH全般に関する話題提供や問題提起等をしたいというご希望がありましたら遠慮なくお申し出下さい。
現在、15分程度の話題提供1件の時間枠を空けてあります。
なお、ご出席またはご欠席を日置昭治までe-mail等にて早めにお知らせ頂ければ幸いです。
敬具



日時:2011年2月25日(金)  13:30〜16:00(受付開始13:00)
場所:産総研つくばセンター つくば中央第3事業所 3−9棟 3階第6会議室(303号室)
   〒305-8563 茨城県つくば市梅園1丁目1番地1
   

なお、つくば駅−産総研つくばセンター間には、来訪者・職員が利用対象の無料連絡便があります。
但し、マイクロバス1台であり乗車定員に限りがあります。状況により、乗車できない場合もありますので、ご了承下さい。    

  
議事次第(内容は一部変更になる場合があることをご了承下さい)
                                                   発表者(敬称略)
1.はじめに(pHクラブ事務局から)(5分)
2.CCQM電気化学分析WG会議の報告(15分)                       NMIJ 大畑昌輝
3.NMIJ CRM(pH標準液)の現状 (10分)                            NMIJ 三浦 勉
4.PHL-90型pH計の改良型−今後の展開など(仮題) (20分)               東亜ディーケーケー 伊東 哲
5.pHに関係する話題提供(ボランティア募集中)(20分)
  休憩15分
6.NITEからの話題(題名未定) (15分)                           NITE 皮籠石宏親
7.pH関連JISの改正の動き−個別JISの廃止等を受けて(10分)            NITE 日置昭治
8.APMP国際比較(中性りん酸塩緩衝液)の進捗と関連の話題(10分)         NMIJ 日置昭治
9.その他(自由討論を含む)(25分)
10.pHクラブ事務局からのご案内 (5分)



pHクラブに関する連絡先:
日置昭治
〒305-8563 茨城県つくば市梅園1丁目1番地1
産業技術総合研究所 つくば中央第3事業所 3−9
計測標準研究部門 無機分析科
e-mail: aki-hioki@aist.go.jp
tel: 029-861-9341(産総研構内PHS)または029-861-6881(固定電話)
fax: 029-861-6890


pHクラブ第6回会合




日時:2010年2月19日(金)  13:30〜16:30
場所:東京八重洲ホール(東京駅八重洲口徒歩3分) 3階302号中会議室
   〒103-0027 東京都中央区日本橋3丁目4番13号 TEL: 03-3201-3631 
   (場所はhttp://www.yaesuhall.co.jp/をご参照下さい)
  
議事次第
                                                   発表者(敬称略)
1.はじめに(pHクラブ事務局から)(5分)
2.CCQM電気化学分析WG会議の報告(15分)                       NMIJ 大畑昌輝
3.NMIJ CRMとそのCIPM MRAへの対応の現状 (10分)                  NMIJ 日置昭治                 
4.PHL-90用データ処理用ソフトウエア(アップグレード版)の説明 (20分)       東亜ディーケーケー 八谷宏光
5.PHL-90データ処理ソフトー新機能と測定例の紹介(10分)                CERI 花岡祐子
6.PHL-90型復刻版の提案(10分)                              東亜ディーケーケー 伊東哲
  休憩20分
7.pH関連JISの改正の動き−個別JISの廃止等を受けて(10分)             NMIJ 日置昭治
8.JCSSで供給されるpH標準液に関する関連情報(15分)                 NITE 新井崇史
9.各国におけるpH標準のトレーサビリティ鎖の違い(20分)                    NMIJ イゴール・マクシモフ
10.APMP国際比較(中性りん酸塩緩衝液)の紹介(10分)                 NMIJ 日置昭治・大畑昌輝
11.その他(自由討論を含む)(30分)
12.pHクラブ事務局からのご案内 (5分)



pHクラブ第5回会合



日時:2008年7月11日(金)  13:30〜16:30
  
場所:産総研つくばセンター 
つくば中央第3事業所 3−9棟 3階第6会議室(303号室)
〒305-8563 茨城県つくば市梅園1丁目1番地1

内容:
  発表者(敬称略)  
1.はじめに(pHクラブ事務局から)  (  5分)
2.CCQM電気化学分析WGの報告 (PDF 285kB)   NMIJ 大畑昌輝  (20分)
3.NMIJ CRMの開発とMRA対応 (PDF 294kB)   NMIJ 日置昭治  (20分)
4.Harned cell法pH測定システムの見学(人数によっては班分け)    (15分〜30分)
---------------------------- 休憩 (15分) ------------------------------
5.JCSS標準液の現状 (PDF 325kB)   NITE認定センター 新井崇史  (30分)
6.JCSS実用標準液の製造方法と値付け方法 (PDF 145kB)   和光純薬 大原正広  (30分)
7.その他(自由討論を含む)   (  40分〜25分;見学の時間にもよる)
8.おわりに(pHクラブ事務局から)   (  5分)


アーカイブ

pHクラブ第4回会合
pHクラブ第3回会合
pHクラブ第2回会合
pHクラブ第1回会合




NMIJ計測クラブホームページ


Copyright (c) 2003 National Metrology Institute of Japan. All right reserved.