クラブ長 計測標準研究部門 計量標準システム科 計量標準基盤研究室 衣笠 晋一



ごあいさつ

このたびNMIJ*計測クラブのひとつとして「高分子計測クラブ」を立ち上げました。当クラブは、高分子やナノ粒子を正確に測定することにこだわる会員制の集まりです。会員とNMIJとの技術交流を通じながら、測定技術の情報交換、共同測定の実施、測定技術基準の開発、あるいは計量標準の情報発信などを活動の柱にします。当面は質量分析と光散乱の2つの計測技術についての研究会を設けみなさんと一緒に考え活動します。どなたでも参加できますのでNMIJ計測クラブのホームページ

     http://www.nmij.jp/~nmijclub/outline2.html

からぜひお申込み下さい(会費無料)。

*NMIJ(計量標準総合センター:National Metrology Institute of Japan)


NMIJナノ材料クラブ・高分子計測クラブ・微粒子計測クラブ合同講演会

『ナノ粒子計測に関わる最近の動向』


日時 日時 2013年9 月24 日(火) 13:30〜
場所 (独)産業技術総合研究所 つくば中央第一 共用講堂 多目的室
(http://www.aist.go.jp/aist_j/guidemap/pdf/info_desk.pdf)
産総研へのアクセス(つくばエクスプレスをご利用の場合)
(http://www.aist.go.jp/aist_j/guidemap/tsukuba/tsukuba_c_express.html)
参加費 講演会 無料 懇親会 3,000 円
内容:
・ナノ材料評価の国際標準化と規制に関する動向
・産業技術連携推進会議・分析分科会におけるナノ粒子サイズ測定
・ISO/TC 229におけるTEMによるナノ粒子サイズ測定ラウンドロビン試験
・ナノ粒子サイズ測定の国際比較
・3次元TEMによるナノ構造材料の計測
・気中ナノ粒子計測の国際標準化と計量標準の整備

申込方法 講演会への参加を希望される方は、9/13(金)までに下記事務局メールアドレスへ、
以下の情報とともにご連絡下さい。

氏名:
所属:
連絡先メールアドレス:
懇親会:参加する・参加しない
連絡先 NMIJ 計測クラブ・2013 年度ナノ粒子計測合同講演会 事務局
club_application-ml@aist.go.jp

本講演会や計測クラブについて、周囲にご関心をお持ち頂けそうな方がおられましたら、
本案内をご回付頂ければ幸いです。
計測クラブへの登録が未だの方は、最初に、「こちら」にて、入会手続きをお願いいたします。

クラブへの登録は無料で、複数のクラブへ入会可能です。
お申込み・お問い合わせ: club_application-ml@aist.go.jp
プログラム
13:30 - 13:35 開会挨拶
        計測標準研究部門 藤本俊幸
13:35 - 14:00 ナノ材料評価の国際標準化と規制に関する動向
        計測標準研究部門 藤本俊幸
14:00 - 14:25 産業技術連携推進会議・分析分科会におけるナノ粒子サイズ測定
        計測標準研究部門 衣笠晋一
14:25 - 14:35 休憩(10 分間)
14:35 - 15:00 ISO/TC 229 におけるTEM によるナノ粒子サイズ測定ラウンドロビン試験
        計測フロンティア研究部門 山本和弘
15:00 - 15:25 ナノ粒子サイズ測定の国際比較
        計測標準研究部門 榎原研正
15:25 - 15:35 休憩(10 分間)
15:35 - 16:00 3 次元TEM によるナノ構造材料の計測
        計測標準研究部門 黒河 明・林田美咲
16:00 - 16:25 気中ナノ粒子計測の国際標準化と計量標準の整備
        計測標準研究部門 桜井 博
16:25 - 16:55 計測標準研究部門ナノ材料計測科 3 研究室の紹介
        表面・ナノ分析研究室(黒河 明)
        ナノ構造化材料評価研究室(伊藤賢志)
        粒子計測研究室(桜井 博)
16:55 - 17:00 閉会挨拶
        計測標準研究部門 藤本俊幸
17:00 - 17:30 会場移動 (共用講堂 → 厚生センター2 階レストラン)
17:30 - 19:00 懇親会

2013計測クラブ合同講演会案内.pdf
NMIJ計測クラブナノ粒子計測講演会案内.pptx




X線分光装置・X線検出システム(XAFS)利用のご案内


平成20〜21年度地域イノベーション創出共同対形成事技の研究開発環境支援事業において、産総研つくばセンターに整備されたX線分装置を産総研の技術研修、
共同研究等の各種連携制度を活用してご利用いただけます。
これらの機器を利用して作成したマニュアル「クロメート皮膜中の6価クロム(Cr(VI))の測定」はこちらに公開ししています。
また、当該測定に係る技術相談も行っておりますので、随時ご連絡下さい。



MALDI-TOFMS 共同測定2007-1 結果報告(PDF 108kB)




共同測定作業グループ議事録

2007年1月に開催した高分子計測クラブの議事録(共同測定作業グループ議事録)はこちら(PDF 91.6kB)よりご覧になれます。



高分子計測クラブMALDI 分科会(第2回)+AIST-MALDI ミーティング報告

第2回目の高分子計測クラブMALDI 分科会とAIST-MALDI の合同研究会が2006年9月15日(金)に行われたので、その場の意見も交えたものをここ (PDF 53.7kB) にご報告いたします。


高分子計測クラブMALDI 分科会(第1回)+AIST-MALDI ミーティング報告

第1回目の高分子計測クラブMALDI 分科会とAIST-MALDI の合同研究会が2006年3月29日(水)に行われたので、その場の意見も交えたものをここ (PDF 123kB) にご報告いたします。



質量分析研究会

 合成高分子の質量分析の精確さに関する問題を取り上げます。現在、マトリックス支援レーザー脱離イオン化飛行時間型質量分析(MALDI-TOFMS)の定量性に関する情報交換、共同測定の実施、海外の標準研究所との交流、新しいプロジェクトの立ち上げなどを目指すことを考えています。
[平成18年度の活動]
平成18度は、年2回程度の研究会を開催しMALDI-TOFMS計測技術についての情報交換を行うとともに、標準物質に関するニーズの把握とVAMAS主催の国際共同測定活動に積極的に参加します。また、NMIJ標準物質や共通試料を用いた国内共同測定を実施することを検討します。


光散乱研究会

 光散乱に関する話題を取り上げます。例えば、光散乱により分子量を決定する際の精度について議論し、プロジェクトの提案を行います。
[平成18年度の活動]
光散乱計測は高分子やナノ粒子の特性解析を行うための基盤技術であり、種々の光学定数に関して基盤情報が整備される必要があります。その中でも、示差屈折率増分dn/dcは光散乱測定の精度を支配する最も大きな要因であり、新しい光源が出現するたびに標準データが提供されることが望まれています。平成18年度ではどのようにdn/dcの標準データを取得すればよいかの議論を研究会で行い、基盤データを公開するための方向性を見出すことを目標とします。


リンク

SEC-LS共同測定参加へのお誘い(PDF 17.2kB)
SEC-LS NEWS No.1(PDF 43.0kB)


問合せ先

(独)産業技術総合研究所計測標準研究部門先端材料科高分子標準研究室
衣笠 晋一
TEL (029)861-4862



NMIJ計測クラブホームページ


Copyright (c) 2003 National Metrology Institute of Japan. All right reserved.